「 データ 」 一覧

住宅ローン

変動金利の付き合い方を知れば、変動金利は怖くない

私は、通信制の大学を卒業したので、大学卒業前から不動産業界で働いていることになります。 最初に勤めた不動産会社は、社長を含めて5人の小さな会社だったので、賃貸に関する業務がメインでしたが、その後に売買 ...

賃貸住宅が空室率30%を超える時代

令和元年9月30日に総務省から「住宅・土地統計調査」が公表されました。 この調査では日本の住宅の居住状況や土地等の実態を調査して公表しているので、日本の不動産市場の問題が分かります。 これによれば空室 ...

地方の商業地が平成3年以来28年ぶりに上昇

先日、平成30年7月以降の1年間の地価について都道府県地価調査が公表されました。   都道府県地価調査は、国土利用計画法9条に基づいて、都道府県知事が標準価格を公表するものです。 公示地価が ...

日本の将来の人口の推移から不動産市場の今後を見る

2019/07/27   -市場・データ
 

不動産の市場を考える場合は、そのエリアでの人口の推移を知り、将来の人口動向を見定めておくことが大事です。 そのエリアでの自治制度と今後の展開次第で将来の人口予測は変化するかもしれませんが、過去の人口推 ...

横浜・川崎は上昇、平成31年神奈川県の地価公示

国土交通省は、2019年1月1日時点の地価公示を発表しましたが、神奈川県も3月20に県内の地価公示をまとめたものを発表しました。   少子高齢化が進む日本では、土地の価格についても人口減少の ...

データで見る世界と比べて飛びぬけている日本の高齢率

日本は、国民の4人に1人以上が高齢者という超高齢社会をむかえましたが、高齢率についても世界一位となっています。 日本では、少子高齢社会が散々ニュースとして取り沙汰されていますが、少子高齢化は他の国でも ...

Copyright© 横浜ライフプラン , 2019 All Rights Reserved.