名所

横浜スタジアムがある「横浜公園」はチューリップの名所

更新日:

 

2022年4月17日、「横浜公園」にチューリップを見に行ってきました。

横浜公園といわれてもピンとこないかもしれませんが、横浜スタジアムがあるあの公園です。

 

横浜スタジアムが横浜公園の一角というかほとんどを占めてますが、見どころは他にもあります。

特にチューリップは、園内に約12万本と横浜市内で一番の数を誇ります。ちなみにチューリップは横浜公園がある横浜市中区の区花になっています。

 

約12万本のチューリップの見頃は4月上旬から中旬まで

横浜公園のチューリップは、4月上旬から4月中旬頃までが見頃です。4月末までなら見れると思います。

敷地内には、約12万本のチューリップが植えてあるといわれ、この本数は神奈川県内では一番です。

公園がある横浜市中区は、1997年にチューリップを区花としたので、これより横浜公園はチューリップの名所になりました。

公園自体はそれほど広くないので、1時間もかからずに一通り見て回れます。

 

私が訪れた2022年4月17日の時点ては、ちょうどチューリップが満開でした。

 

こちらは以前横浜市役所があった入口側の花壇です。

 

公園内には、74品種のチューリップが植えてあります。色も鮮やかで可愛らしいです。

 

きれいに色分けがされてるので写真映えもします。

 

こんなカラフルな花壇もあります。

 

今年もガーデンネックレス横浜が開催されてますが、4月中は横浜公園を中心に、日本大通りや山下公園、新港中央広場でチューリップが見頃を迎えます。

 

横浜スタジアムは横浜ベイスターズの本拠地

横浜公園の半分は横浜スタジアムとして利用されてるので、野球を観戦しに訪れたことがある人も多いと思います。

私も小学生の頃に親に連れてきてもらって野球を見に来たり、遠足で来ました。

 

横浜スタジアムは、横浜ベイスターズの専用球場です。

横浜ベイスターズの本拠地ですが、高校野球や社会人野球の会場としても利用されていて、何年か前に高校野球の神奈川大会を見に来たこともあります。

 

この横浜公園は、明治9年に開園した市内で2番目に古い公園になります。

在留外国人の生活改善を求めた条約に基づき、遊郭の跡地を整備して開園されました。

この公園は、日本人にも開放されたため彼我公園といわれ、日本人にも解放された公園としては最古のものだそうです。

 

(関内駅側から見た横浜スタジアム)

 

(水の広場)

 

(水の広場前の噴水)

 

横浜公園の北側には、芝生広場やベンチがあるので、周辺の会社員が昼休みに休憩しているのを見かけます。

また、東側の道路を挟んで中華街があるので、一緒に観光するにもおすすめです。

 

北側にある彼我庭園(ひがていえん)

横浜公園の北側には、彼我庭園(ひがていえん)と呼ばれる日本庭園があります。

彼我庭園は、接収で一度は取り壊されましたが、1978年にスタジアムが建設された時に再び整備されました。

庭園内には、岩亀楼の石灯篭や水琴窟といった珍しいものもあります。

 

庭園門の銘板は、第33回全国都市緑化よこはまフェアを記念して付されました。また、屋根には、フランス瓦のジェラール瓦のレプリカが使われています。

(彼我庭園門)

 

横浜公園一帯は江戸時代の末期までは入海で、安政三年(1856)に埋め立てられ太田屋新田といわれていたそうです。

横浜開港にともない、新田の沼地約一万五千坪がさらに埋め立てられて港崎町と命名され、その中には岩亀楼などが開業し、国際社交場として栄えました。

港崎町一帯は慶応二年(1866)の大火(豚屋火事)で焼失し、跡地は当時在留の外国人の要望で公園として再生することに決まり、明治九年日本最初の洋式公園として誕生しました。

(岩亀楼の石灯篭)

 

 

庭園の中央には、蹲踞と水琴窟があります。

蹲踞(つくばい)は、茶席へ入る前に手と口を清める場所です。

水琴窟は、洗った水が排水される時に発生する音を楽しむ装置です。

 

横浜公園へのアクセス

所在地 神奈川県横浜市中区横浜公園
アクセス JR根岸線「関内駅」徒歩2、3分

 

 

 

おわりに

2022年の3月26日から6月12日まで、ガーデンネックレス横浜が開催されてます。

私もガーデンネックレス横浜のパンフレットを手に、第1回目からサクラ、チューリップ、バラを見て回ってます。

花によって見れる場所が違い、会場の多くが横浜の中心なので横浜めぐりもできます。

 

サクラ(3月下旬~4月上旬)

・山下公園

・大岡川プロムナード

・三渓園

・元町公園

・汽車道・さくら通り

・カップヌードルミュージアム

 

チューリップ(4月上旬~4月中旬)

・横浜公園

・山下公園

・日本大通り

・新港中央広場

 

バラ(5月上旬~5月下旬)

・山下公園

・港の見える丘公園

・アメリカ山公園

・横浜市役所

・山手イタリア山庭園

・野毛山公園

・横浜イングリッシュガーデン

・八景島丘の広場バラ園

・こども植物園

 

個人的に特におすすめなのは、横浜公園のチューリップ、山下公園と港の見える丘公園のバラです。




  • この記事を書いた人

たくあん(ネトゲ)

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。

資産があるのにお金がないとは?

いくらのローンなら返済していける?

年金について知らずに家を購入するのは無謀?

 

不動産だけでなく、ライフプランの相談にも寄り添った対応をしていきます。

ジャンル:雑記、ライフスタイル

宅建士、管業、簿記1級、1級FP、社労士、ローンアドバイザー

-名所
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2022 All Rights Reserved.