資格

電卓の定数計算やメモリ機能を知っておくと実務でも試験でも役立ちます

投稿日:

ファイナンシャルプランナーや簿記といった人気資格では電卓の持ち込みが可能なので、計算問題は電卓を使用して答えを出します。

電卓を持ち込める試験はいくつかありますが、ファイナンシャルプランナーや簿記の試験では、電卓がうまく使えるかは結構重要だったりします。

いずれの試験でも、級が上がれば上がるほど電卓の知識があると有利になります。

 

電卓の知識は、試験だけではなく実務でも使えます。

電卓はパソコンのようにバージョンアップがなく、同じメーカーであれば機種が変わっても仕様が変わるものではないので、覚えたことは一生使えます。

 

たとえば、電卓のボタンにある「M+」「M-」「MRC」、これはメモリ機能といわれる機能で、このボタンを使いこなせれば複雑な計算が楽になります。

他にも「定数計算」や「GT(グランドトータル機能)」は、覚えておいて損はありません。

※電卓によっては「GT」のキーボタンがないものがあります。

 

電卓は大きく分けると「シャープ」と「カシオ」の2つ

電卓の使い方については、大きく分けると「シャープ」と「カシオ」の2つがあり、シャープとカシオとでは定数計算やメモリクリアなどに違いがあります。

 

シャープとカシオのどちらがいいかは、慣れや好みもあるので一概には言えません。実際に家電量販店や文房具店などで手に取ってみたうえで選べばいいと思います。

電卓はそんな簡単に壊れるものではないので、数千円のものであれば10年以上使えたりします。

実際、私の電卓は学校の簿記の授業で購入したものを15年以上使っていますが、今も問題なく使用できます。

自分ではシャープの電卓をメインに使っていますが、カシオの電卓も数台保有しています。

 

シャープとカシオ以外では、キャノンとよくわからないメーカーの電卓がありますが、使い方はシャープと同じでした。

あまり有名ではない電卓の場合は、使ってみなければ正直分かりませんが、以下に紹介する定数計算やメモリ機能を試してみれば判断できます。

 

管理人が使用しているシャープの電卓は、EL-G35という型の電卓ですが、今は生産していないのか、中古しか手に入らないようでとても高値になっています。

created by Rinker
¥99,980 (2020/01/19 18:41:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

互換用に、EL-G37 という型の電卓もあります。こちらも保有していますが、EL-G35に慣れている人なら同じように使えます。使い勝手はなかなか良いです。

 

カシオのND-26S、メインがシャープなのでこちらはあまり使ってません。評判は悪くないようです。

 

電卓のメモリ機能

電卓のボタンには、「M+」「M-」「MRC」といったものがあります。

これらのボタンは、メモリ機能で使用します。

 

たとえば、「120×5+110×22+123×11=」という面倒くさそうな計算をする場合に便利な機能です。

メモリ機能を使わなければ、「120×5」「110×22」「123×11」をそれぞれ計算して、どこかにメモ書きをして最後に足して求めるので面倒です。

メモリ機能を使えば、それぞれを計算したときに「M+」を押すことでメモ書きする必要がなくなります。

 

「120×5」「M+」「110×22」「M+」「123×11」と計算した後、最後に「MRC(MR)」を押すことで、今までM+として加算された数値が表示されます。

 

「M+」は、表示されている数値を足し算します。

「M-」は、表示されている数値を引き算します。

「MR」は、今まで計算した数値を表示します。

「MC」は、今まで計算した数値をキャンセル(消去)します。

電卓によっては「MRC」とボタンが表示されていますが、これはMRとMCを兼ねているだけです。

 

メモリ機能を使っているときは、電卓の画面にMが表示されています。

新しくメモリ機能を使う場合は、MCを押して(カシオは2回)クリアしてから行います。

 

定数計算

定数計算とは、5+10、5+11、5+88といったように、決まった数値(ここでは+5)を用いて計算することをいいます。

 

シャープの場合は、「5」「+」「=」、と押すだけで、5+が固定されます。その後に「11」「=」と入力するだけで5+11が計算でき、+88と続けて入力すれば5+88が計算できます。

カシオの場合は、「5」「+」「+」と+を2回押す必要があります。プラスを2回続けて入力すると電卓の画面にKが表示されますが、これは定数計算を意味します。あとはシャープの電卓と同様に11、=と入力すれば答え(5+11=)が表示されます。

 

 

引き算の計算でも同様です。

10-5、11-5、100-5といったように5を固定する場合です。

シャープの電卓であれば、5、-、=と入力すると「-5」が固定されますので、その後に10=、11=、100=、と入力すれば〇-5の答えが求められます。

カシオの電卓の場合は、5、-、-、とマイナスを2回入力すると電卓の画面にKと表示されますが、これは「-5」が固定されていることを示しています。シャープの場合と同様に「10=」「11=」「100=」と入力すればそれぞれ答えが表示されます。

 

掛け算の場合も同様です。

5×11、5×12、5×13といったように5を固定する場合です。

シャープの電卓であれば、「5」「×」「=」と入力すれば、「5×」が固定されます。

カシオの電卓であれば、「5」「×」「×」と入力すれば「5×」が固定されます。

その後、「11=」「12=」「13=」と入力すれば答えが求められます。

 

あまり使う機会が少ないかもしれませんが、割り算の定数計算もあります。

100÷5、10÷5、20÷5、といったように÷5を固定する場合です。

シャープの電卓であれば「5」「÷」「=」で÷5を固定できます。

カシオの電卓であれば「5」「÷」「÷」で÷5を固定できます。電卓の画面にKが表示されるはずです。

その後「100=」「10=」「20=」と入力すれば答えが求められます。

 

GT(グランドトータル)機能

GT(グランドトータル)機能は、「=」を押すたびに表示されている数値が加算されていく機能です。

 

たとえば「100+10」「=」「100×1」「=」「100」「=」と入力した後に「GT」を押すと「310」と答えが返ってくるはずです。

これは「=」を押すたびに数値が加算されていき、GTを押すことで今まで加算された数値が表示されます。

 

メモリ機能に比べるとあまり出番はありませんが、知っておいて損はない知識です。

 

おわりに

メモリ機能、定数計算機能、GT機能は、私が資格の講師をしているときに最初の授業で行っていましたが、初めて簿記を学ぶ人のほとんどはこれらの機能を知りませんでした。

これらの機能を活用すれば、試験での時間短縮が図れます。

 

また、これらの機能は、試験だけでなく実務でも使える知識なので、知っておいて損はないでしょう。

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-資格
-

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.