ライフスタイル

自転車ダイエットの始め方

投稿日:2023年6月7日 更新日:

 

前回、私が唯一成功したダイエットが自転車ダイエットであることをお話ししました。

ライフスタイルにサイクリングを取り入れて10キロのダイエットに成功

 

自転車はただ乗るだけでも運動になりますが、継続することでダイエットが期待できます。

今回は自転車ダイエットを実際に始めるにあたってのポイントについて、初心者目線から触れたいと思います。

自転車ダイエットについて

自転車ダイエットはその名のとおり、自転車に乗ってダイエットすることです。

自転車なら何でもいいので気軽に始められますが、駅前まで毎日ママチャリに乗る程度ではダイエットに成功するのは難しいです。

駅まで1,2キロの距離や買い物程度では運動量が圧倒的に少ないからです。

初心者の私でも毎月500キロ以上自転車で走ってるので、月に400キロ以上は自転車で走る覚悟は必要です。

 

自転車は意外とカロリーを消費しますし、ジョギングのようにひざへの負担が重くないので日常に取り入れやすいです。

あくまでも参考ですが、ウォーキングは1時間で240kcal、ジョギングで320(軽い)~420kcal、自転車は360kcal消費します。ロードバイクという自転車ならもっとカロリー消費します。

(消費カロリー(kcal) = メッツ×体重kg× 運動時間 ×1.05)

 

ちなみに1キロやせるには7200kcalの消費が必要といわれるので、結果が出るまでに時間がかかります。

どの方法でダイエットするにしても継続することが大切ですが自転車もそうです。そう考えると、いかに楽しめるかが継続のポイントです。

 

自転車であれば、観光地や景勝地を目的地に設定すれば、ちょっとした旅を楽しめます。

神奈川なら海を見ながらのサイクリングも楽しめますし、宮ヶ瀬や箱根といった山もあります。

 

 

ウォーキングとジョギングを3時間続けるのは厳しいですが、サイクリングならたいしたことありません。

先月も逗子から三浦半島一周や真鶴に行き、真鶴は往復7時間くらいでした。

 

私の場合はあくまでも運動不足解消とダイエットが目的ですが、自転車にハマって大会に参加する人もいます。

各地のご当地グルメを食べるために自転車に乗り、食事制限なしで半年で20キロやせた人もいます。

 

スポーツ自転車に乗り始めた頃は、東京観光したり、小田原や湯河原まで行ったりしてました。何もなければ三浦半島を一周、そんな感じでしたがウォーキングやジョギングより継続しやすいと思います。

(湯河原駅前)

 

自転車ダイエットのメリットとデメリット

・自転車ダイエットのメリットは、まず運動になるので健康にいいということが挙げられます。

有酸素運動なのでメタボ解消にもなりますし、認知症対策にもなります。便秘解消にも効果ありといわれます。

最近だと保険料を割り引く商品を出してる保険会社もあります。

 

・自転車通勤なら満員電車から解放されます。

就業後に寄り道したり、夜景を見に行ったりということもできます。

移動してること自体が運動やダイエットになります。

 

・意外と消費カロリーが高いです。

上で書いたように自転車は軽いジョギングよりもカロリーを消費します。

 

・ちょっとした旅行気分が味わえます。

ロードバイクやクロスバイクなら一日で100キロ以上走ることも可能なので、今まで行きにくかった場所も範囲に含まれます。

横浜からでも、北は東京、南は三浦半島、西は小田原まで楽しめます。

(小田原)

 

・自転車ダイエットを始めるデメリットとしては、まず自転車が必要ということです。

自転車にお金がかかり、特にクロスバイクやロードバイクといったスポーツ自転車だとママチャリより高価です。

ロードバイクはエントリークラスでも30万円以上とかします。クロスバイクでも5万円以上はします。

また、ベル、ライト、ヘルメットは別にそろえる必要があります。

 

・メンテナンスを自分でやる必要があります。

ブレーキの調整やタイヤのメンテナンスは自分でやらなければならず、パンクも多いです。

パンクが多いので自然と自分で修理できるようになります。

ただし、今はYouTubeやブログがあるのでメンテナンスはしやすいと思います。

 

・天候に左右されます。

クルマと違って雨が降るとびしょ濡れです。

スポーツ自転車だと泥除けは付いてないので、背中がはねた泥や水でびしょびしょになります。

 

・スポーツ自転車は盗まれやすいです。

カギを面倒と思うと直ぐ盗まれます(高い自転車は)。それどころかカギをしてても自転車自体が軽いので盗まれます。

直ぐ盗まれるので常に自転車を離さないのが鉄則のようで、最初からカギを持ち歩かない人も多いみたいです。

私も最初は面倒でしたが、今ではクロスバイクでもカギをかけるようになりました。

 

自転車ダイエットを始めるのにおすすめはクロスバイク

初めてスポーツ自転車を購入するならクロスバイクがおすすめです。

値段も5万円台からあるので購入もしやすいと思います。

私も6万円台のクロスバイクを持っています。

 

クロスバイクは、ハンドルが横に一直線のフラットバーになっていて、ロードバイクとママチャリの中間みたいなものです。

ママチャリは20キロ近くの重量ですが、クロスバイクは10キロほどと軽く、ロードバイクよりは遅いですがママチャリよりは断然速く走れます。

スタンドやかごを付ければ、街乗りにも利用できますし、100キロくらいの遠出なら結構いけます。私も横浜の西区から湯河原まで片道75キロをクロスバイクで行ったことがあります。

 

タイヤも28c(タイヤの太さ)以上なのでパンクしにくい気がします。

最初に買ったクロスバイクは2年近くで6000キロ?以上乗って初めてパンクしました。

ロードバイク(23c)では3000キロ以上か3,4か月に1回はパンクしてる気がします。

 

遠出も考えるならロードバイクがおすすめ

ロードバイクは、長距離の移動が速いレース用に作られた自転車です。

ドロップハンドルといったサイドがクルっと丸まったような形をしています。

 

ちなみに私はロードバイクは面倒なので遠出する時しか乗りません。

軽くて扱いやすいのですが、盗まれやすいので街乗りには適さないですし、クロスバイクのようにハンドル操作がしやすくないからです。

 

ただ、やはり遠出しやすいという点ではロードバイクが有利かなと思います。

以前、クロスバイクで小田原城まで行ったときは、2時間20分くらいかかってました。

別の日にロードバイクで行ったときは、小田原城まで1時間40、45分くらい、湯河原までは2時間40分くらいでした。

初心者で3キロくらいのバッグを背負った私でもそれくらいなので、日頃から運動習慣がある人ならもっと早いと思います。

 

先日もパソコンと英語の教材、水1.5リットル、パンク修理工具をバッグに詰めて逗子から湯河原まで行きました。

自転車はオートバイや車と異なり、疲れるし、汗びっしょりになりますが、知らない場所を訪れたり、自然と触れ合ってリフレッシュできるのは魅力です。

(小田原ー湯河原間)

 

自転車ダイエットでおすすめの自転車

私が個人的におすすめするのはクロスバイクです。

私の場合はロードバイクを先に買いましたが、クロスバイクの方が扱いやすいからです。

 

ロードバイクほど前傾姿勢じゃないので運転もしやすく、比較的安いのでスタンドも付けられます(ロードバイクは普通は付けない)。

スタンド付けてカギを持てば街乗りにも使えます。

 

最初から何十万円もするロードバイクを買って失敗するより、6,7万円でクロスバイクを買った方が損失は少ないです。

仮に後からロードバイクが欲しくなっても、クロスバイクの方はそのまま使えます。

 

カロリー消費量はロードバイクより落ちますが、クロスバイクでも十分ダイエットはできます。

 

まとめ

自転車ダイエットにはクロスバイクやロードバイクがおすすめ。

ダイエットには毎月400キロ以上は必要だと思う。

食事制限も行うとより効果的。

 

いろいろ調べたところ、荷物も多い私にはランドナーという自転車が適しているようです。

  • この記事を書いた人

たくあん(ネトゲ)

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。 住宅ローンが老後に与える影響は大きいです。 資産があるのにお金がないとは? いくらのローンなら返済していける? 年金について知らずに家を購入するのは無謀? 不動産だけでなく、ライフプランの相談にも対応してます。 担当ジャンル:雑記、不動産、ライフスタイル 資格:宅建士、管業、簿記1級、1級FP、社労士、1種証券、住宅ローンアドバイザー

-ライフスタイル
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2024 All Rights Reserved.