ライフスタイル

認知症予防におすすめな趣味

更新日:

今年に私の伯父が認知症になったのを機に、認知症予防について調べて実践するようになりました。

伯父より数年前に祖母も認知症で介護施設に入所しましたが、こちらは年齢も90近かったのであまり気にしませんでした。

また、当時私が住んでいた建物には認知症のおばあさんがいたのですが、そのおばあさんはよく「お金を返して」と隣の部屋のドアを叩いてたので、身近な病気と思うようになりました。

 

認知症に限らず、健康で長生きするには病気しないことが大切です。

ライフプランは健康であることが前提なので、病気をしてしまうとライフプランも見直さなければいけなくなります。

 

若い人でも認知症になる人は多く、なってない若い人でも認知症予防は早くから実践する方がよいそうです。

30代から始める認知症予防

認知症というとお年寄りのイメージですが、調べてみると若くしてなる人も多く、認知症予防には30代から実践することが大事とのことです。

認知症予防については、2年間バイトした介護施設や大学で行われた社会人向けの講義を受講したり、ヘルパーの資格取得した際に学んで知りました。

 

認知症予防には、読書や映画のようにじっとして椅子に座ってるより、体を動かすような趣味がいいです。

私の趣味の中では、サイクリングやウクレレが当てはまりますが、教授いわく英語等の語学も認知症予防におすすめとのことでした。

教授は書いて覚えるということがいいと言ってましたが、当時の私は資格の講師をしてたことからあまり書いて覚えることはしてません。

昔は家に帰ったら、必ず寝る前にオンラインゲームをしてましたが、おかげで現在はゲームよりもスマホで英語を聞いたり、サイクリングに行くことの方が多いです。

 

ダイエットにもなる有酸素運動(サイクリング、ウォーキング、ジョギング)

運動が苦手な人でも無理なく始められるのがウォーキングやランニングです。有酸素運動は認知症予防に効果があるといわれています。

 

毎日1万歩を歩くと認知症にならないそうなので、私は最初にウォーキングに挑戦しました。

しかし、1万歩を実際に歩こうとすると、とんでもなく時間がかかるし、かなり疲れます。月に2回程度のウォーキングをしましたが、クタクタになっても1万歩まで達することは少なかったです。

 

ランニングは今でもやってますが、ランニングを30分以上続けるのはかなりきついです。

ウォーキングやサイクリングと比べて、1時間当たりの消費カロリーは一番多いかもしれませんが、ハッキリ言って続きません。

 

ウォーキング、ランニングの後に始めたのが、実家のママチャリで三浦半島を一周することでした。

ママチャリだとしんどいので、安いクロスバイクかロードバイクがおすすめです。

月に数回、三浦半島を一周することを始めてから数年、ロードバイクを購入して走った時は感動しました。

ウォーキングやランニングだと5時間も続けることは体力的に厳しいですが、クロスバイクやロードバイクだと5時間なら余裕で出来ます。

当時は逗子に住んでたので、ロードバイク購入後は三浦半島や鎌倉を自転車で走りまくってました。

 

現在、週末の三浦半島は、サイクリングが趣味の人で賑わってるので、仲間ができるかもしれません。

 

楽器ならみんなで楽しめる(ギター、ウクレレ)

音楽は認知症予防にいいといわれています。また、指先を動かくすのも効果があります。

ギターは人を選ぶため挫折も多いですが、ウクレレはコツがつかみやすいため女性にもおすすめです。

私は、家にギターもウクレレもありますが、ウクレレの方が始めやすく、曲も覚えやすいです。

 

私が通っているウクレレ教室は、過半数が高齢女性ですが、その人たちは一通り覚えたら、介護施設等でみんなで歌って楽しむそうです。

正直いうと腕前はそれほどではなく、コードも音が出てなかったりしますが、こういうのは楽しんだもの勝ちです。

上手い下手より本人が楽しめるかが重要と思って開き直るくらいでよいと思います。

 

外国語(英語)を学ぶと海外旅行に役立つ

語学は、読み、聞く、書く、話すからなり、二か国語以上離す人は認知症になりにくく、語学が認知症予防に効果あるという研究結果もあります。

私は英語を学習してますが、中国語やベトナム語などでも大丈夫です。

英語を話せるようになれば、海外旅行等で役に立ちますが、一番大切なのは楽しんで学習を続けることです。

 

英語を身につけるには、3,000時間の学習が必要とされ、高校まで出ていればこれが1,000時間で済むそうです。

ところが私の場合はあまり英語が得意でないのと大学で英語を勉強した記憶がありませんでした。

そのため私はいきなり英会話学校に行って失敗しましたが、基礎ができてない人は英会話学校に行っても無駄です。

英語が苦手だった人は、私と同じように中学英語から学習し直しましょう。

そして、できれば毎日学習することです。

 

料理を趣味にすると節約にもなる

嗅覚を刺激すると認知症予防に効果があるといわれています。

また、料理は手を動かしますし、メニューを考えるので認知症予防に効果あるといった研究もされています。

 

この中で一番実用的な趣味が料理です。

料理を趣味にすれば外食より節約になりますし、一生もののスキルになります。

料理が趣味な人ならお一人様でも安心です。

 

私も仕事で1年料理を作ってました。といっても今は面倒くさくてしてません。

 

日本は超高齢社会

日本は既に超高齢社会なので、もっと高齢化が進む将来は、なかなか周りに世話してもらえなくなる可能性が高いです。

そう考えると認知症予防だけでなく、少しでも健康寿命を長くさせることが大事です。

 

私がいる町内会では、少子高齢化によって高齢者が増加しているということで、一人暮らしの高齢者世帯へ町内会で見回りをすることになりました。

最近は、身内がいない高齢者も少なくないようで、孤独死を防ぐべく見回りを強化しています。

一人暮らしの高齢者の中には、外出する機会が限られる人も珍しくなく、人と接することも少なくなりつつあるようで、町内会の見回りは評判よく受け入れられています。

 

私が子供の頃は、今のように高齢者は少なかったです。では、高齢者の定義は何かというと、高齢者は65歳以上の人をいいます。

今は65歳をお年寄りとイメージする人は減ったので、高齢者の定義が変わるかもしれませんが、一応現在は65歳以上を指します。

 

平成27年度版の高齢社会白書には、昭和55年の一人暮らしの高齢者の数は、男性が約19万人で、女性は約69万人とあります。

一方、平成22年の一人暮らしの高齢者の数は、男性が約139万人で、女性は約341万人になっています。

人口は昭和55年が1億1,700万人で、平成22年の人口は1億2,700万人といわれるので、35年で人口は8%程度増加していますが、高齢者の増加については、35年の間に男性が7倍、女性が5倍と大きく増加しています。

 

たった30年ですが、人口構造が変化したことで社会保障制度は変化し、働き方についても大きく変化しました。

現在の日本では65歳以上になっても働く人は3割近くもおり、先進国の中でも日本は高齢者の就業率が高いといわれています。

寿命が大きく伸びたことで、社会保障給付費についても、昭和45年に5.8%だったのが平成24年には30%を超えています。

 

おわりに

追記:今回紹介した趣味の中で私の一番のおすすめはサイクリングなのですが、このサイクリングによって1年で体重が10キロ減りました。

今までジョギングやウォーキングを頑張ってましたが、思うような結果が出ませんでした。

サイクリングを始めたことで、万病のもとである肥満の心配がなくなりました。

 

今回紹介した趣味は、認知症予防だけでなく、健康寿命を延ばすことにもよいので興味を持ったら是非挑戦してみてはいかがでしょう。

  • この記事を書いた人

たくあん(ネトゲ)

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。

資産があるのにお金がないとは?

いくらのローンなら返済していける?

年金について知らずに家を購入するのは無謀?

 

不動産だけでなく、ライフプランの相談にも寄り添った対応をしていきます。

ジャンル:雑記、ライフスタイル

宅建士、管業、簿記1級、1級FP、社労士、ローンアドバイザー

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2022 All Rights Reserved.