投資

新型コロナウイルスで株式市場が大幅に下落!

投稿日:

株式市場の今後

 

NYダウ平均株価が一時1700ドル以上値下がりし、取引停止になりました。

東京株式市場でも、日経平均株価が1万7000円台となるなど、今後もさらに下落する可能性があります。

 

今回の新型コロナウィルスに対して、アメリカのトランプ大統領は他国からの人と物の制限をかけると演説しましたが、この演説を受けて大幅に平均株価が下落したようです。

 

法人企業景気予測調査でも、大企業でマイナス10.1の結果となっており、急速な景気の冷え込みが懸念されます。

今回の騒動では閉店する店舗や旅館が出ており、このまま長引けば倒産する上場企業も出てくるかもしれません。

 

ここ数年に資産運用を始めた人は、かなり不安ではないでしょうか。

 

私も以前は、個別銘柄で保有してましたが、リーマンショック以降はETFやインデックスファンドを中心にする運用に切り替えました。

 

ETFやインデックスファンドは倒産しない

金融商品のリスクというと、購入した株価が値下がりしたり、売った株式の価格が値上がりする等、損失を思い浮かべるのではないでしょうか。

 

さらに個別銘柄であれば、企業の倒産によるリスクもあります。

保有している株式の企業が倒産したら、その株式はもはやゴミとなります。

リーマンショックの時のこと、保有している銘柄で倒産した企業は幸いありませんでしたが、その後数年経っても株価は戻らず、塩漬け状態となって最後には売却しました。

 

その点、ETFやインデックスファンドに倒産はありません。

ETFとは、証券取引所に上場している投資信託で、「Exchange Traded Funds」の頭文字をそれぞれ取ったものです。

ETFやインデックスファンドで、日経平均株価や東証株価指数といった指数に連動する商品は、これらの指数と値動きが同じになります。

つまり投資初心者にも分かりやすいうえ、分散投資の効果が期待できます。

 

リスクに対処する投資方法に分散投資がありますが、ETFやインデックスファンドはそれだけで分散投資の効果があります。

ETFの中には、世界に投資したのと同じような効果が得られるものもありますから、これから投資を始める人、始めたばかりの人は覚えてくとよいでしょう。

 

また、運用会社が倒産しても、資産は分別管理されています。

ただ、ETFやインデックスファンドであってもリスクはあります。というよりリスクがないと資産は殖えません。

重要なのはリスクへの対策だと考えて運用したほうがいいと思います。リスクとうまく付き合うようにすることが大事です。

 

スポンサーリンク

 

投資を始めるのにおすすめなのは市場の悪いとき

景気が良くなると興味を持つ人が増え、反対に景気が悪くなると見向きもされないのが株式投資や不動産投資です。

 

景気が良いときに投資を始めたいと相談を受けることがありますが、投資を始めるのにおすすめなのは実は景気が悪いときです。

景気が悪ければ後は良くなるだけだからです。ただ、不動産投資の場合は、景気が悪いと融資が通らない可能性があります。

 

また、市場が冷え込んでいれば、今までよりも商品が安く、多く買えます。

 

iDeCoや積立てNISAといった長期投資が前提の場合は、あまり時期にこだわると始めることが出来なくなるので、時期にとらわれずに始めるのがいいと思います。

積立て投資や長期投資は、長期になるほどリスクが低いといわれますが、それでもリスクはあります。

リスクを避ければ価額の値下がりは避けれるかもしれませんが、たいして増えることもありません。

運用方法に万能なものはないと思った方がよいでしょう。

 

下落したなら、むしろ買い増す準備をしたほうがよい

保有しているETFや投資信託の価額が下落したのであれば、むしろ買い増すようにした方がいいかもしれません。

理由は、金融商品を多く購入できるからです。また、先ほども申したように、落ち着けば次は景気が上向くサイクルに変わるからです。

 

リーマンショッククラスの株式市場の冷え込みは数十年に1度ですから、異常に景気が悪い状態といえます。

普段はもっと日経平均株価などの指数はもっと高いはずです。

 

バブルも定期的に起こっては崩壊しているように、株式市場や不動産市場は景気の良い悪いを繰り返します。

特に積立て投資、長期投資をしている人は、長い目で見た方がよいので、慌てて売却することのないようにするのがよいと思います。

ただし、買い増すといっても今は明らかに値下がりすることが分かっているので、今慌てて買っても損するだけです。準備だけはしておくのがよいと思います。

 

まとめ

新型コロナウィルスは収束する気配がなく、人と物の移動を制限する原因となっています。

このままだと株式市場が失速する可能性が高く、景気が冷え込めば不動産市場も大きく失速する可能性があります。

 

株式市場や不動産市場は、景気の良い悪いを繰り返しています。

積立て投資や長期投資をしている人は、今回株価が大幅に下落しても、慌てて売却することなく、引き続き積立てていっていいと思います。

 

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-投資
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.