ライフプラン

先進医療特約って本当に必要?それとも不要?

更新日:

先進医療特約って聞いたことがあるでしょうか?

医療保険やがん保険に加入する際、保険屋さんに特約を付けるかつけないか聞かれたと思いますが、ほとんどの人は存在すら忘れているのが先進医療特約です。

特約を付けた人も保険屋さんに勧められたから何となくつけたという人がほとんどです。

私も生命保険の外交員をしていましたが、先進医療特約はお守り代わりとして付けたという人がほとんどでした。

 

そんな役に立つのか役に立たないのか分からない先進医療特約とはどんなものなのでしょう。

先進医療特約とは

先進医療は、「厚生労働大臣が定める高度の医療技術を用いた療養その他の療養であって、保険給付の対象とすべきものであるか否かについて、適正な医療の効率的な提供を図る観点から評価を行うことが必要な療養」として、厚生労働大臣が定める「評価療養」の1つとされています。

要は、高度な技術を用いた医療のうち、効果がまだ実証されているとはいえなかったり、健康保険の対象にするかどうかはまだ検討する必要があるといった医療のことです。

現状では効果が実証できないものが先進医療なので、この特約に懐疑的な人も多いようです。

 

健康保険は国の財源を使っている以上、ごく一部の人にしか利用されない治療は健康保険の対象にはなりにくいのかもしれません。

 

普段病院で受ける治療費は、健康保険が適用されるので3割の費用で済みます。

しかし、先進医療は高度の医療技術を用いた先進の治療なので費用が高く、さらに全額自己負担となっています。

また、先進医療は高額医療費の対象とはならないため、治療費が300万円を超えることもあります。

 

スポンサーリンク

 

先進医療特約の保険料

まず、先進医療特約は、特約ですので単独では加入できないのが一般的です。

医療保険等の主契約に特約として付加した場合、費用自体は月額100円程度で済みます。

なので、保険屋さんは加入時にお守りみたいなものと紹介してきます。

 

今までは主契約に特約として付けるのが一般的でしたが、最近は先進医療を対象にした保険も販売されています。

特約に付加した場合の100円と比べて500円はかなり高額ですが、選択肢が増えることは悪いことではありません。

 

生命保険は、健康保険と非常に関連しています。

社会保険は民間の保険をモデルに導入されたといわれていますが、今は民間の保険が社会保険に合わせる形で商品が発売されています。

先進医療の対象も健康保険が変われば変わる可能性があります。

現在は先進医療であっても、今後健康保険の対象となることもあり得るということです。

 

先進医療特約のお世話になる人は少ない

確かに先進医療は高額ですが、先進医療特約を使う機会は、高額の宝くじに当たるような低い確率です。

先進医療特約のお世話になる人は、数万人に一人くらいといわれています。

宝くじに当たるような確率なので、特約料も100円程度で済んでいるわけです。

100円でも保険会社は儲かるそうですから、加入者にとってはお守りにもならないのかもしれません。

 

また、高額な先進医療というと陽子線治療と重粒子線治療が有名ですが、実際にがんになってもこの治療を実施するとは限りません。

がんの状況によってはこれらの治療に適さないことがあって、必ずしも効果が期待できるわけではないからです。

 

スポンサーリンク

 

家計の見直しは保険から

日本人は、貯金好きの保険好きといわれていますが、このことが日本人がいつまでもお金がない原因の一つともいわれています。

今の日本で保険をプッシュしているのは保険屋さんくらいのものです。

保険はヨーロッパで生まれたといわれていますが、ヨーロッパは日本のように保険加入率は高くなく、アメリカでは富裕層向けの商品と捉えられているくらいです。

 

ファイナンシャルプランナーが家計の見直しで真っ先に目をつけるのは住宅ローンと保険です。

住宅ローンは途中で解約できませんが、利息を削減して総支払額を抑えることができることがあります。

保険加入者の中には、保険屋さんに勧められるまま何でもかんでも保険でカバーしようとする人がいますが、保険の本来の目的は何かあったときの保障です。

保険は最低限の保障はあればよく、何でもかんでも保険でカバーする必要はないわけです。

 

日本人の中には、高額な医療費に備えて、高額な医療保険に加入している人がいますが、日本では健康保険が強制加入ですし、健康保険には高額療養費があります。

先進医療特約は、主契約の医療保険に入らないと付けられないのが普通ですが、わざわざ医療保険に加入してまで先進医療特約をつけるほどのメリットはないように思います。

 

  • この記事を書いた人

ライフプラン事務所

社会保険について発信しています

URL https://kanagawa-sr.com

-ライフプラン
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.