名所 歴史

鎌倉の「妙本寺」は比企氏滅亡の地に建つ日蓮宗の寺院

更新日:

鎌倉の比企谷(ひきがやつ)には、日蓮宗の本山、妙本寺があります。

妙本寺は、山号を長興山(ちょうこうざん)といい、日蓮と歴史上重要な関りがある寺院なので霊跡寺院とされています。

 

比企谷は、かつて「比企の慕雪」として鎌倉八景の一つに数えられたように、妙法寺の寺領に足を踏み入れると周りの雰囲気がガラッと変わり、緑にあふれた静寂な世界が広がります。

妙本寺は、カイドウやノウゼンカズラといった花が有名で、他にも季節ごとに咲く花を楽しめます。

比企氏と源頼朝の歴史

妙本寺が現在建っている場所は、鎌倉時代は源頼朝の有力な御家人であった比企能員の館がありました。

源頼朝が不遇なときに陰から支えたのが比企一族です。

比企能員邸址

妙本寺総門の横に立っている「比企能員邸址」の碑

 

平治元年(1160)に起こった平治の乱で、源義朝が平清盛に敗れると、義朝は鎌田政清と共に関東へと落ち延びようとしますが、長田忠致に欺かれて殺害されてしまいます。

義朝や兄弟たちと落ち延びる途中ではぐれてしまった源頼朝は、生きたまま捕らえられて伊豆に流されました。

 

源氏の跡取りということで、頼朝には有力者から支援物資が送られてきたり、ほかの方法で協力する者もいました。

中でも頼朝の流人生活を支えたのが、乳母であった比企尼だったといわれています。

比企尼は頼朝に物資を送り届けるだけでなく、娘婿であった安達盛長、河越重頼を頼朝に仕えさせました。

また、甥の三善康信は、京都の情勢を常に頼朝に届けたため、頼朝は伊豆の田舎にいても天下の情勢を知ることができたそうです。

 

比企尼の養子の比企能員が、頼朝が鎌倉幕府を開いたときに重臣となれたのは、養母の比企尼のによるところが大きかったとされます。

 

頼朝が鎌倉に幕府を開いた後は、妻の北条政子と一緒にたびたび比企館を訪れており、2代将軍の頼家を政子が産んだのもこの比企館というほど、頼朝の比企氏への信頼は厚いものでした。

 

能員の娘・若狭局は頼朝の嫡男頼家に嫁いで一幡を産むと、比企氏は将軍家の外戚となりました。

頼朝死後は、重臣十三人の合議制となり、頼家は一人では政治の決定ができなくなったことに反発し、比企一族を重用するようになります。

しかし、これは北条氏にとっては脅威でした。

 

やがて比企氏と北条氏は意見も対立するようになり、2代将軍頼家は若狭局に唆されて北条氏に対する追討命令を出しますが、このことを知った北条政子は父の時政に報告します。

政子の報告で追討令のことを知った時政は、反対に比企能員を呼び出して騙し討ちしました。

この勢いのまま北条氏は比企谷を襲撃し、準備不足だった比企一族は若狭局と一幡もろとも全滅させられました。

 

比企能員の子供の中で、唯一生き残ったのが当時2歳の比企大学三郎能本(だいがくさぶろうよしもと)です。

 

この比企氏の一族が滅ばされた一連の戦いは、比企の乱といわれています。

 

その後、京都で順徳天皇に仕えた比企能本は、姪の竹御所(一幡の妹)のすすめで鎌倉に戻ります。

能本は、鎌倉で日蓮と出会って感動して帰依し、比企谷に法華堂を建てました。

この法華堂が妙法寺の始まりといわれています。

 

 

参考文献

「鎌倉歴史散歩」 奥富敬之

「街道をゆく 三浦半島記」 司馬遼太郎

「鎌倉 古寺を歩く」 松尾剛次

 

比企谷「長興山 妙本寺」の概要

妙本寺は、山号を長興山という日蓮宗の本山です。

・宗派 日蓮宗

・名称 長興山妙本寺(ちょうこうざんみょうほんじ)

・建立 文応1年(1260)

・開山 日蓮上人

・開基 比企大学三郎能本

 

境内には、比企一族の供養塔が安置されています。

比企の乱で亡くなった一幡の袖を祀る「一幡の袖塚」、一幡を産んだ若狭局を祀る「蛇苦止堂(じゃくしどう)」などの史跡もあります。

日蓮が臨終する際に枕元に掛けられたとされる「臨滅度時の御本尊」が寺宝となっています。

 

サクラ、カイドウ、シャガ・ノウゼンカズラなどが鮮やかな花をつけます。

 

妙本寺の所在地とアクセス

妙本寺の所在地 〒248-0007 神奈川県鎌倉市大町1丁目15−1
アクセス JR横須賀線「鎌倉駅」から徒歩10分

鎌倉駅から若宮大路に出て、由比ヶ浜に向かって進むと左手にみえる、郵便局とスルガ銀行の間の道を抜けた先にあります。

 

妙本寺石柱

入口に建っている「妙法蓮華経」と刻まれた石柱

 

妙本寺総門

さらに進んで行くと妙本寺の総門があります。10時前であれば、土日でも空いてると思います。

総門の右に見える建物は、幼稚園です。

 

鎌倉八景「比企の暮雪」妙本寺の景勝

景勝に優れた八つの景色を設定したものを八景といいますが、比企谷(ひきがやつ)も「比企の暮雪」として鎌倉八景に選ばれています。

それだけ昔から素晴らしい景勝だったということでしょう。

駅から近い場所なのに、境内に入ると緑が多く、素晴らしい眺めを堪能できます。

 

鎌倉には、山間の土地が多く、地名に谷が付く場所がたくさんあります。

比企谷もその一つで、入口は広くはありませんが、奥に行くと視界が開けるなだらかな丘陵となっています。

妙本寺境内

妙本寺は、地元住民からも人気の寺院の一つです。

私は特に春と秋の眺めは絶景だと思います。比企の暮雪というからには、雪に映えるのかもしれません。まあ、あまり雪は降りませんけど。

 

妙本寺境内図

方丈門の前にある妙本寺の案内図です。このマップを撮っておけば、見たい史跡を見落とさないで回れます。

 

妙本寺方丈門

妙本寺の方丈門。

 

妙本寺階段

方丈門の先にある階段。階段を昇るとトイレや本堂があります。階段の脇には苔が生えていました。

 

妙法寺本堂

妙本寺の本堂です。

 

 

妙本寺鐘楼

妙本寺の鐘楼

 

 

妙本寺山門

妙本寺の二天門。二天門の二天とは、左右に一体ずつの像が置かれた門をいいます。

持国天と多聞天が対に安置されています。

 

 

日蓮上人鎌倉開教聖地の碑

鎌倉の地たる洵に聖地なるかな

宗祖この山に憩ひ、この町に叫び、この海より流さる

潮音耳を打てば今猶此経難持の声あり

街衢、塵を揚ぐれば杖木瓦石の響あり

鳴呼この地を過ぎ、この地に住む者、其れ宗祖当年の忍苦を偲び、粛然奮然信仰を増進せよや

塚本柳斎

 

 

祖師堂

妙本寺の祖師堂。鎌倉最大級の木造建築物です。

祖師とは、日蓮上人のことです。木像日蓮大聖人像が安置されています。

 

 

日蓮上人像

日蓮聖人の像。日蓮の像ってごついイメージがある。

 

二天門の前に立って、振り返ったときの眺めです。

 

 

比企の暮雪

 

 

緑に囲まれた美しい参道。この寺院は人力車をよく見かけます。

訪れるのに特におすすめなのは、春と秋です。私も紅葉の見頃時期になったらまた訪れるつもりです。

 

 

蛇苦止堂

若狭局を祀る蛇苦止堂。

吾妻鏡によれば、北条時政に襲撃された際、若狭局と一幡も焼き殺され、それから60年後に、鎌倉幕府7代目執権北条政村の娘に霊となって憑りついたそうです。

蛇苦止堂は、若狭局の霊を慰めるために造られ、蛇苦止明神は妙本寺の守護神となっています。

 

妙法寺のまとめ

妙法寺は、比企谷とか比企の〇〇と紹介されていることもあります。

妙法寺は、日蓮宗最古の寺院です。

日蓮臨終の際に掛かっていたご本尊が寺宝となってここにあるそうです。

 

外は賑やかなのに、ここは静寂で落ち着いた雰囲気があります。




  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-名所, 歴史
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.