名所

ゴールデンウィークに山下公園と港の見える丘公園のバラ園を見学

更新日:

ゴールデンウィークの最終日に運動をがてら山下公園と港の見える丘公園に行ってきました。

SNSで山下公園と港の見える丘公園のバラが満開という情報を得たからですが、実際行ってみると満開一歩手前といったところでした。

 

バラは横浜市の市花ですが、特に山下公園と港の見える丘公園はバラの観光名所として有名です。

現在、ガーデンネックレス横浜の期間ということもあって、街を歩けばたくさんの花々の姿と出会えます。

横浜で最も有名な山下公園

山下公園といえば、横浜市民なら誰もが知っている最も有名な公園の一つです。

1930年に開園した横浜でも特に知られた公園で、近くに象の鼻防波堤、大さん橋、中華街があります。

公園は、海が目の前でベイブリッジを一望でき、記念碑やバラ園といった見所もたくさんあります。

 

山下公園の歴史ですが、関東大震災の復興事業として造成が行われ、終戦後にアメリカ軍に接収されましたが、1954年から段階的に解除され、1959年に全面解除されました。

公園の中央にある水の守護神、カモメの水兵さんの碑、赤い靴はいてた女の子の像など、記念碑や像が多いのも特徴です。

(赤い靴はいてた女の子の像)

 

山下公園へのアクセス

所在地 神奈川県横浜市中区山下町279
交通アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」徒歩5分

(噴水と水の守護神像)

 

 

山下公園の「未来のバラ園」

5月から6月までの山下公園は、バラを見に来る人でいつもより賑わいます。

バラがある「未来のバラ園」では、約190種2,650株のバラが楽しめます。

私は、このバラ園で初めて大きなバラや様々な色のバラがあることを知りました。

 

2021年はゴールデンウィーク中は見事にバラが咲き誇ってましたが、2022年は咲いてないバラも多く、訪れたのが若干早かったようです。5月中旬過ぎ頃がベストタイミングではないかと思います。

(はまみらい)

 

(公園のバラ園横のバラ)

 

すごく明るい赤のバラが艶やかで見事でした。

 

(氷川丸とバラ)

 

 

写真映え間違いなし!港の見える丘公園のバラ

港の見える丘公園は、山下公園と並ぶ横浜を代表する公園の一つです。

横浜市内でも特に有名なバラの名所としても知られています。

 

港の見える公園は、幕末にイギリス軍とフランス軍が駐留した場所で、イギリス山・フランス山の名前が残ってます。

フランス山エリアでは、旧フランス領時間の遺構が見れます。

 

展望台からは、ベイブリッジや港を見渡すことができ、大さん橋に停泊している大型船が見えることもあります。

また、コクリコ坂の記念スポットにもなってます。

 

園内には、他にも大佛次郎記念館、神奈川県近代文学館といった建物もあります。

 

西洋風の建物と隣接してバラ園があるので、お洒落な写真を撮りたい人におすすめです。

 

港の見える丘公園へのアクセス

所在地 神奈川県横浜市中区山手町114
交通アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」から徒歩10分

(港の見える丘公園)

 

 

港の見える丘公園のバラ

港の見える公園のバラは、イギリス地区にあり、イギリス総領事館だったイギリス館をバックにバラを撮れば写真映えすること間違いなしです。

 

港の見える丘公園のバラ園は、イングリッシュローズの庭、バラとカスケードの庭、香りの庭の3つからなります。

・イングリッシュローズの庭(約150種800株)

・香りの庭(約100種400株)

・バラとカスケードの庭(約80種750株)

 

 

イングリッシュローズの庭

1989年9月に市政100周年にバラが市の花として制定されました。それを機にバラがイギリス国花であることからイギリス館のあるこの地に1991年5月にバラ園が開園されました。

(イングリッシュローズの庭のバラ)

 

いろいろな種類と様々な色のバラがあって観ていて飽きません。

 

色が二色っぽい珍しいバラもありました。

 

 

香りの庭

噴水があるエリアが香りの庭です。ここでは、ダマスク、フルーツ、ティー、ミルラと大きく4つの香りが楽しめます。

4つの場所それぞれにバラのアーチがあります。アーチをくぐるとバラの香りがしました。

 

周囲より一段低い花壇を沈床花壇(ちんしょうかだん)といい、花壇を見下ろすようになってます。ここの庭は中央に噴水があります。

 

(デリシャスムード)

 

 

バラとカスケードの庭

イギリス館と山手111番館、大佛次郎記念館に囲まれた、すり鉢状の地形を活かした幻想的なバラの庭園です。

まるでヨーロッパの庭園を歩いているような体験ができる美しいバラ園です。

カスケードは、何段か連なっている小さな滝のことをいいます。噴水広場から下に階段状の小さな滝が流れます。

(カスケード)

 

バラのガゼボです。ガゼボは、西洋の庭に設置される休息所です。

(バラのガゼボ)

 

 

ここからはバラとカスケードの庭に咲いていたバラを紹介します。

(ダブルノックアウト)

 

(黒真珠)

 

おわりに

今年も見事なバラを楽しむことが出来ました。

山下公園と港の見える丘公園であれば、横浜市民なら手軽に見事なバラが見られるのがいいですね。

周辺にはレンタサイクルもあるので、自転車を借りて中華街、赤レンガ倉庫、みなとみらいといった観光も一緒にできます。

 

住みたい街ランキングでも常に上位の横浜や桜木町、関内は、アクセスも悪くなく、意外と賃料も安いので住むにもおすすめです。




  • この記事を書いた人

たくあん(ネトゲ)

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。

資産があるのにお金がないとは?

いくらのローンなら返済していける?

年金について知らずに家を購入するのは無謀?

 

不動産だけでなく、ライフプランの相談にも寄り添った対応をしていきます。

ジャンル:雑記、ライフスタイル

宅建士、管業、簿記1級、1級FP、社労士、ローンアドバイザー

-名所
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2022 All Rights Reserved.