「不動産関連法」 一覧

家族のライフプラン

戸建ての購入を考えている人は要注意!戸建ては道路が超重要

戸建てのメリット 一戸建てはマンションと比べてランニングコストが安い 駐車場代がかからない マンションよりも騒音トラブルが少ない 建物が老朽化しても土地が残る こういった理由から一戸建ての購入を考えて ...

不動産登記

登記簿謄本に書いてあることが真実だとは限らない

不動産業界でも「相続」は大きなテーマとなっているので、不動産が絡む相続についてのトラブルを耳にするようになりました。 不動産業界は、法律や税額計算だけ知っていても失敗することが多い特殊な業界ですから、 ...

隣人との騒音トラブルは多く、事件に発展することもある

不動産の隣人トラブルで多いものに騒音に関するものがあります。 騒音トラブルというと、マンションやアパート等の集合住宅で起こりやすい傾向にありますが、一戸建て住宅であっても建物が密集しやすい都市部では隣 ...

ライフスタイル

建築基準法の道路と43条2項1号・2号(ただし書き)

不動産が分かりにくいと言われる理由の一つが道路に関することです。 道路について知ってる人でも、多くの人は「公道」と「私道」があるというくらいではないでしょうか。 道路は一目見ただけでは分かりにくく、最 ...

登記簿の「地目」は23種類ある

動産と違って不動産は誰が所有しているかは見た目では分かりません。 自分が所有する土地に、勝手に他人が入ってきたり、使われたりしないように設けられた制度が登記制度です。 登記は、手数料を支払えば、誰でも ...

「農道・林道・里道」道路でない道

建築基準法では、幅4m以上の道路に2m以上接道していなければならないことになっています。 しかし、実際は道路に接道していない物件も数多くあります。 幅4m以上の道路に2m以上接道していなければならない ...

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

平成 30 年6月 27 日に交付された「建築基準法の一部を改正する法律」が、平成 30 年9月 25 日から施行されました。 以前は特定行政庁の「許可」が必要であった例外規定の一部が、建築審査会の同 ...

サブリース契約は、業者が有利になっている

サブリース契約をめぐって、2011年にレオパレスが訴えられ、今年の5月にはスマートデイズが破産して社会問題化しました。 サブリースをめぐっては、過去にも何度かトラブルが起きていますが、トラブル解消に向 ...

道路の所有権を主張して公衆の通行を妨害できるか

少し前になりますが、私道ということを理由に道路上に植木鉢を置いて一般人の通行を妨害したおじいさんがニュースになってました。 結局、いくら自分が所有権を有する道路であっても、一方的に通行を妨害することは ...

不動産の底地って何?所有権なの?それとも借地権?

不動産の扱いは、国によって違います。 例えば、アメリカやオーストラリアでは、土地と建物の所有者が異なることはないようです。 しかし、日本では、土地と建物の持ち主が違うことは結構あります。 地方の人と話 ...

民法改正の賃貸借期間の変更について

この度、民法の改正が120年振りに大改正されます。   民法改正については、平成29年に公布されたのですが、民法のような国民すべてに影響する法律の改正については直ぐに施行とはいかないようです ...

不動産は様々な法律の制限を受けます

不動産は生活に欠かせないうえ、高額な物なので、様々な法律の規制を受けます。   自分が所有する物の処分や使用について、誰かにとやかく言われる筋合いはありません。 自分のものを何に使おうと本来 ...

部屋探しで最初に必要なお金の性質「不動産賃貸」

不動産の一般的な契約には、賃貸と売買があります。 賃貸と売買とでは、かかる費用の内訳も中身も違います。 ここでは、賃貸に関する不動産取引に必要なお金の性質について、よくあるトラブルも踏まえてまとめてみ ...

不動産は自分の所有であっても法令上の制限を多く受ける

自分がお金を出して購入したものについて、外野から使い方を指図されたらあまりいい気はしません。 怒りっぽい人なら指図されたら相手を殴ってしまうかもしれません。   世の中には、自分でお金を出し ...

Copyright© 横浜ライフプラン , 2019 All Rights Reserved.