「 不動産売買 」 一覧

分譲マンションのルールは規約で定めている?管理規約の変更や設定、廃止の手続は?

一戸建ては決まった管理費や修繕積立金がかからないので、自分でタイミングを見てリフォームをしていかなければなりません。 その点、管理やリフォーム(共用部分の)を自分でしなくてもよいことから、分譲マンショ ...

簿記試験

分譲マンションを中古で購入しようとしたら売主が管理費を滞納していた

分譲マンションでは、建物や設備の性能を新築時と同水準に維持するため、長期修繕計画を定めて定期的に修繕が行われています。 長期修繕計画は、一般的に5年程度毎で見直されますが、修繕積立金の引き上げに所有者 ...

どこの不動産に行っても同じ物件を紹介されるのはレインズがあるから

2022/02/17   -売買
 ,

不動産を買おうと思った人は、どのように物件を探すでしょうか。 一昔前は、駅前に住宅関連のフリーペーパーが置かれてましたが、今は本当に少なくなりました。 現在では、ほとんどの人がアットホームやスーモ、ヤ ...

区分所有マンションの管理費と修繕積立金とは

賃貸不動産だと月々の家賃しか費用は発生しませんが、不動産を購入した場合は購入費用以外に様々な費用がかかります。 中でも区分所有のマンションでは、管理人と修繕積立金といった費用が発生します。 どちらも将 ...

区分所有マンションを購入・借りたら、駐車場や専用庭も引き継げる?

2022/01/25   -契約
 , ,

一人が所有する賃貸アパートやマンションであれば、駐車場をその建物に居住する人以外に貸すかどうかは貸主が自由に決められます。 しかし、分譲マンションなどの区分所有建物では、駐車場を誰に貸すかは規約や使用 ...

不動産取引での人の死についてのガイドライン

不動産の取引では、自殺や殺人事件が起きた物件について重要事項説明で告知することが義務付けられています。 確かに、これから契約しようと思った物件の前の入居者や所有者が死亡したと思うと、多くの人は二の足を ...

契約から引き渡しまでに不動産が全焼してしまった場合はどちらが負担する?

  法律では、買主が申し込み、売主が承諾することによって契約は成立(諾成契約)するとされています。 不動産の契約では、重要事項説明と契約書に署名捺印することで契約が成立したんだなと多くの人は ...

抵当権抹消手続き申請

住宅ローンを借りると付いてくる「抵当権」とは?

  住宅ローンを借りて不動産を購入すると、通常その不動産には「抵当権」が設定されます。 不動産の取引では、債務とか弁済とか担保とか、あまり普段生活していて馴染みのない言葉が出てきますが、この ...

共有道路

専用通路が共有のため、隣の土地と合わせて1軒の家しか建てられない土地

建物を建てる場合に、重要となる法律が建築基準法です。 建築基準法は、建物を建築する場合の最低基準の法律です。 土地の所有権があるからといって、自分の自由に建物を建てることができるわけではなく、建築基準 ...

不動産ビジネス

不動産の購入に係る主な諸費用

2019/12/16   -売買
 

不動産の購入で最初にするとよいのが資金計画です。 最初に資金計画をしないと、気に入った物件を基準にローンを組むことになり、無理のあるローンを組んでしまった……なんてことにもなりかねません。 現在のロー ...

生命保険

団体信用生命保険とは?加入条件と種類、保険料について

2019/11/25   -売買
 , ,

ん?団体信用生命保険……。 そういえば、今まで団体信用生命保険のことにあまり触れてませんでした。   団体信用生命保険(以下団信)とは、住宅ローンを利用する場合に利用される生命保険をいいます ...

不動産を売るときの知識

不動産を売却するときに詐欺にあわないための最低限の知識

不動産の取引では、聞き慣れない専門用語と接したり、普段の生活では馴染みのないことも行われます。   ブックオフで家にある要らなくなった物を売るのには慣れていても、普通の人は不動産を売却するこ ...

首都圏

「一戸建て」と「マンション」のそれぞれのメリットとデメリット

マイホームを探している人が最初に悩むのが「一戸建て」にするのか「マンション」にするかではないでしょうか。   一戸建てには一戸建ての、マンションにはマンションの、それぞれメリットとデメリット ...

社会保障

戸建ての購入を考えている人は要注意!戸建ては道路が超重要

戸建てのメリット 一戸建てはマンションと比べてランニングコストが安い 駐車場代がかからない マンションよりも騒音トラブルが少ない 建物が老朽化しても土地が残る こういった理由から一戸建ての購入を考えて ...

不動産の重要事項説明書

不動産の契約前に受ける「重要事項説明」のポイント

不動産探しの契約までの流れとしては、物件の内見をして気に入ったら、申込みをして売主(貸主)の審査を受け、数日後に売主の売却の承認(賃貸なら貸主や保証会社の承認)を得たら、次は契約となります。 &nbs ...

Copyright© 横浜ライフプラン , 2022 All Rights Reserved.