「 契約 」 一覧

ニュース

起業時・創業時のオフィス選びの種類

2022/04/06   -賃貸
 , ,

創業して最初に悩むのが、仕事を行う場所をどうするかです。   自宅を事務所にできれば費用は安く済みますが、自宅ではプライベートと仕事の区別がつきにくいですし、業種によっては自宅開業を認めてな ...

定期借家契約とは?(特徴や手続きのポイント等も)

普通借家契約は、普通の賃貸借契約と違い、借地借家法という法律によって借主が保護されています。 例えば、ほとんどの普通借家契約には2年や3年といった契約期間がありますが、貸主が賃貸借契約の更新を望まなか ...

部屋を借りているときの修繕費用は誰が負担する?

引越しシーズンも落ち着いてきましたが、3月末ギリギリで部屋探しをする人も毎年数人はいます。 なので今回も賃貸生活でよくある質問についてまとめていきます。     今回は、賃貸借契約 ...

賃貸借契約は2年が多いけど、中途解約や更新はできる?

2022/03/23   -賃貸
 , ,

  借家の賃貸借契約には、大きく「普通借家契約」と「定期借家契約」とがあります。   普通借家契約は、借地借家法が適用されるよくある借家契約のことで、法定更新や正当事由といった借主 ...

部屋を借りた場合の契約期間の更新の種類(合意更新、法定更新、自動更新)

2022/03/15   -賃貸
 , ,

  部屋を借りた場合、多くの賃貸借契約では2年の契約になっています。 部屋の賃貸借契約には、大きく「普通借家契約」と「定期借家契約」があります。   定期借家契約は、一定の期間で賃 ...

不動産賃貸借の個人の連帯保証人には上限の定めが必要

2022/03/08   -不動産関連
 , ,

不動産の賃貸借契約では、賃借人(借りる人)の債務を連帯して保証するという保証契約が結ばれます。 この保証契約は根保証契約といわれる契約で、契約によって賃借人の債務を保証人は保証しなければならなくなりま ...

区分所有マンションを購入・借りたら、駐車場や専用庭も引き継げる?

2022/01/25   -契約
 , ,

一人が所有する賃貸アパートやマンションであれば、駐車場をその建物に居住する人以外に貸すかどうかは貸主が自由に決められます。 しかし、分譲マンションなどの区分所有建物では、駐車場を誰に貸すかは規約や使用 ...

強行規定と任意規定あるから法律はややこしい

不動産の取引では、契約前に重要な事項について説明が行われ、その後に契約の締結が行われます。 契約書には、売主と買主(又は貸主と借主)といった当事者間での取り決めが条文形式で記載されています。 契約書に ...

契約から引き渡しまでに不動産が全焼してしまった場合はどちらが負担する?

  法律では、買主が申し込み、売主が承諾することによって契約は成立(諾成契約)するとされています。 不動産の契約では、重要事項説明と契約書に署名捺印することで契約が成立したんだなと多くの人は ...

「手付金・預り金・申込金」不動産の契約前にかかる金銭について

2021/11/16   -契約
 ,

不動産の取引では、各種様々なお金がかかります。 不動産の契約前に普通は申込みがありますが、契約前にも様々なお金が必要となります。 例えば、手付金、預り金、申込金といったものを、申し込みの際に不動産会社 ...

共有道路

専用通路が共有のため、隣の土地と合わせて1軒の家しか建てられない土地

建物を建てる場合に、重要となる法律が建築基準法です。 建築基準法は、建物を建築する場合の最低基準の法律です。 土地の所有権があるからといって、自分の自由に建物を建てることができるわけではなく、建築基準 ...

不動産を売るときの知識

不動産を売却するときに詐欺にあわないための最低限の知識

不動産の取引では、聞き慣れない専門用語と接したり、普段の生活では馴染みのないことも行われます。   ブックオフで家にある要らなくなった物を売るのには慣れていても、普通の人は不動産を売却するこ ...

不動産契約解除

不動産の売買契約で取引が解除となる場合の例

2019/11/15   -契約
 ,

重要事項説明を受け、契約内容についてお互いが納得した後は契約になります。 不動産の取引が成立した場合は、基本的に解除できる例は限られていますので、契約書への署名捺印は必ず内容を確認することが大切です。 ...

不動産の重要事項説明書

不動産の契約前に受ける「重要事項説明」のポイント

不動産探しの契約までの流れとしては、物件の内見をして気に入ったら、申込みをして売主(貸主)の審査を受け、数日後に売主の売却の承認(賃貸なら貸主や保証会社の承認)を得たら、次は契約となります。 &nbs ...

不動産トラブル

不動産売買における三大トラブル

裁判所に行くと数多くの事案が不動産に関係するものだったりします。 不動産取引では多くの金額が動くことから、不動産をめぐるトラブルは多いのです。   ちょっとしたことがきっかけで相手の感情を傷 ...

Copyright© 横浜ライフプラン , 2022 All Rights Reserved.