契約

「手付金・預り金・申込金」不動産の契約前にかかる金銭について

更新日:

不動産の取引では、各種様々なお金がかかります。

不動産の契約前に普通は申込みがありますが、契約前にも様々なお金が必要となります。

例えば、手付金、預り金、申込金といったものを、申し込みの際に不動産会社から要求されることがあります。

手付金とは

手付金とは、契約を締結する際に、当事者間で引き渡し、受け取る金銭のことをいいます。

手付金には、解約手付、証約手付、違約手付の3種類がありますが、不動産取引では当事者で特別な取り決めをしなければ解約手付になります。

 

賃貸では、部屋を確保するために支払う金銭といった意味で授受されているようです。

実際は契約前の金銭のやり取りなので、手付金というよりも預り金や申込金といった性質があります。

 

売買では、契約時に買主から売主に渡す金銭が手付金ですが、この場合は買主が支払った手付金を放棄して契約の解約をすることができます。

売主から契約を解約する場合は、買主が支払った手付金の倍額を渡すことでできます。つまり、買主から受け取った手付金を返したうえで、それと同額の金銭を引き渡すということです。

 

売買の手付金は、金額が決まっているわけではないため、売主がその金額で納得するかどうかです。

物件価格の10%といったものから、30万円といった少額の場合もあります。私が仲介したケースでは、10万円というものもありました。

 

賃貸の場合も契約時に手付金を授受して、契約から引き渡しまでの間に手付解約をすることはできます。しかし、賃貸契約で手付金のやり取りは面倒になので一般的には行われてません。

 

スポンサーリンク

 

預り金と申込金

先に申込金について説明すると、申込金とは契約を結ぶ意思があるということを示すために支払う金銭です。

手付金と違うのは、手付金は契約時の金銭のやり取りですが、申込金は契約前の申込み時の金銭のやり取りです。

契約前の金銭のやり取りなので、契約のような拘束力がなく、申し込みを解約したときは、不動産会社に支払った申込金は返還されます。

 

預り金は、申込金とほとんど同じような意味で使われていることもあります。

文字通り預けるだけなので、後に返還される金銭です。

しかし中には、契約金の一部を支払っておく前払いのような意味で使われることもあります。

地域や担当者によっては、敷金や保証金を指していることもあるようですので、預り金を要求された時は、不動産会社にどんな性質のものなのかを確認したほうがいいでしょう。

 

申込みした物件がそのまま契約した場合は、申込金は仲介手数料に充当されるのが一般的です。

契約が成立したら仲介会社に仲介手数料を支払いますが、スムーズに申込金を充当するので、借主の負担も少ないといえます。

 

申込金をめぐるトラブル

希望する物件が見つかり、入居申し込みの時に、不動産会社に家賃1か月分の金銭を申込金として要求されて支払ったとします。

そして、何らかの事情によって申し込みを解約した場合は、支払った申込金は返還されなければなりませんが、不動産会社の中には、解約する場合は申込金を返還しない、返還に応じないといった会社があり、トラブルが頻発しています。

 

申込金は、申し込みの順番を確保するための証拠金に過ぎないので、契約が成立しなければ申込人に返還されなければならない金銭です。

 

宅地建物取引業法施行規則では、不動産仲介会社に対して、申込金や預かり金の返還を拒否してはならないことが規定されています。

なので、申込金や預り金といった金銭を預かった不動産会社は、これらの金銭の返還を拒むことは許されず、また、申込人は支払った申込金、預り金の返還を受けることは当然なのです。

 

預り金・申込金をめぐるトラブルが頻発しているので、申込金や預り金を支払う場合は、預かり証書などを必ず受け取り、どういった性質のものかを確認してトラブル防止に努めることが大切です。

 

スポンサーリンク

 

手付金・申込金・預り金のまとめ

手付金とは、契約時に当事者間で授受される金銭です。

相手側が契約の履行に着手する前であれば、手付金を放棄して解約することができます。

 

申込金は、契約を結ぶ意思を示すため、物件を抑えるために支払う金銭です。

申し込みの順位を確保するための証拠金といった性質があります。

 

預り金は、文字通り預けるだけなので、契約後は返還が予定されている金銭です。

不動産会社によっては、申込金を預り金と呼ぶこともあります。

 

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-契約
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.