「 法律 」 一覧

不動産契約解除

不動産の売買契約で取引が解除となる場合の例

2019/11/15   -契約
 ,

重要事項説明を受け、契約内容についてお互いが納得した後は契約になります。 不動産の取引が成立した場合は、基本的に解除できる例は限られていますので、契約書への署名捺印は必ず内容を確認することが大切です。 ...

家族のライフプラン

戸建ての購入を考えている人は要注意!戸建ては道路が超重要

戸建てのメリット 一戸建てはマンションと比べてランニングコストが安い 駐車場代がかからない マンションよりも騒音トラブルが少ない 建物が老朽化しても土地が残る こういった理由から一戸建ての購入を考えて ...

不動産の重要事項説明書

不動産の契約前に受ける「重要事項説明」のポイント

不動産探しの契約までの流れとしては、物件の内見をして気に入ったら、申込みをして売主(貸主)の審査を受け、数日後に売主の売却の承認(賃貸なら貸主や保証会社の承認)を得たら、次は契約となります。 ただ、宅 ...

不動産登記

登記簿謄本に書いてあることが真実だとは限らない

不動産業界でも「相続」は大きなテーマとなっているので、不動産が絡む相続についてのトラブルを耳にするようになりました。 不動産業界は、法律や税額計算だけ知っていても失敗することが多い特殊な業界ですから、 ...

住宅購入における消費税増税に伴う経過措置

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられます。   住宅購入について、消費税増税後に需要が減少することが予想されますが、これを緩和させるべく、いくつかの緩和策が実施されます。 & ...

ライフスタイル

建築基準法の道路と43条2項1号・2号(ただし書き)

不動産が分かりにくいと言われる理由の一つが道路に関することです。 道路について知ってる人でも、多くの人は「公道」と「私道」があるというくらいではないでしょうか。 道路は一目見ただけでは分かりにくく、最 ...

ローンの返済を滞納するとどうなるか?期限の利益の喪失とは

2019/01/12   -ローン, 法律
 ,

不動産の取引では、聞きなれない専門用語が多いため、不明な点はその都度聞くことも大事です。 なんとなく分かった気になって話を進めてしまい、後で取り返しがつかなくなっても相手にしてくれません。 不動産は、 ...

「43条ただし書き規定」から「43条2項1号・2号」へ

平成 30 年6月 27 日に交付された「建築基準法の一部を改正する法律」が、平成 30 年9月 25 日から施行されました。 以前は特定行政庁の「許可」が必要であった例外規定の一部が、建築審査会の同 ...

道路の所有権を主張して公衆の通行を妨害できるか

少し前になりますが、私道ということを理由に道路上に植木鉢を置いて一般人の通行を妨害したおじいさんがニュースになってました。 結局、いくら自分が所有権を有する道路であっても、一方的に通行を妨害することは ...

平成30年4月から建物状況調査(インスペクション)が本格実施

こんにちは   「建物状況調査」よりも、「インスペクション」という言葉の方が知られているみたいなので、この記事ではインスペクションで通そうと思います。 インスペクションについては、平成28年 ...

不動産会社は「同和地区」の質問に答えらません

私たち不動産業者は、「同和地区」の所在に関する質問についてお答えできないようになっています。 いわゆる同和問題は、不動産売買の現場でたびたび問題となっています。   過去には、マンション建設 ...

「地番」と「住所」の違いとは?

2018/03/03   -不動産購入
 ,

不動産探しでチラシに書いてある場所を探してみたけれど、目的地にたどり着かなかったということがないでしょうか。 チラシに書いてある場所だと思ってカーナビに入力したら、見当違いの場所を指していてよく分から ...

どこまでが不動産なのか、土地と建物は分けて考える

2018/02/01   -宅建業法
 ,

いくら便利になっても人間には住む場所が必要なので、不動産が不要になることはないでしょう。 寝る場所も、仕事をする場所も、図書館にも、買い物をする場所にも土地と建物があるように、生きていくためには思って ...

不動産の底地って何?所有権なの?それとも借地権?

不動産の扱いは、国によって違います。 例えば、アメリカやオーストラリアでは、土地と建物の所有者が異なることはないようです。 しかし、日本では、土地と建物の持ち主が違うことは結構あります。 地方の人と話 ...

借金を相続して人生が台無しになることがある

2018/01/23   -相続
 ,

現在の日本は、4人に1人以上が高齢者(65歳以上)です。法律では、65歳以上の人を高齢者といいます。 人口に占める高齢者(65歳以上の人)の割合率を高齢化率とか高齢率といいます。 高齢者が7%以上の場 ...

Copyright© 横浜ライフプラン , 2019 All Rights Reserved.