ライフスタイル

引越し業者探しは一括見積りサイトで解決

更新日:

引っ越し業者

部屋探しのシーズンがあるように、引越しにもシーズンがあります。

部屋探しのシーズンは、1月~3月といわれていますが、引越しシーズンといわれているのは、3月~4月です。

 

不動産賃貸では、部屋を退去する場合は事前の通知が必要なので、3月に退去予定の物件が1月には入居者を募集します。

1月~3月は部屋が次々に埋まっていきますが、それと同時に次々に物件が出てきます。

人気のエリアでは、部屋を確保するために前倒しで契約する人もいます。

 

この時期は引越し費用が2割、3割増しになることも珍しくなく、どうしてもその時期に引越が必要でない限りは避けた方がいいでしょう。

 

引越し費用を抑えるポイント

引越し費用を抑えるには、ポイントが2つあります。

引越し費用を抑えるポイント

①引越しシーズンを避ける

②引越し見積もりサイトを利用する

 

まず一つは、引越しシーズンを避けて引っ越しするということです。

先ほども申したように、3月中旬から4月上旬は引っ越し屋さんも依頼が集中するので、この時期が1年を通して最も引っ越し費用が高くなります。

 

もう一つは「引越しの見積もりサイト」の活用です。

見積もりサイトの利用で、一括で複数の引越し業者に見積もりを依頼できます。

そして、料金やサービスを比較して自分に合った引越し業者を探すことができます。

 

引越しシーズンを避ける

1年を通して最も引越しをする人が多いのが3月~4月です。

 

1年のうちには結婚シーズンや異動シーズンがあって、この時期は人が動くといわれますが、それを含めてもダントツで引越し数が多いのが3月中旬から4月上旬にかけてです。

学生さんや新社会人が、4月からの入学や入社のために引越すからです。

 

この時期は、引越し業者も繁忙期なので、引っ越し料金が通常より値上がりするのが一般的です。

繁忙期だと、引越しの予約を取れないこともあり、引っ越し料金が通常の倍もかかったというケースもあります。

 

去年の引越しシーズンには、入学生が引っ越しの予約が取れないために学校に通えないといったニュースが取り上げられました。

 

3月~4月の引っ越しシーズンでないとダメという人でない限り、前もって引っ越しする等、引っ越しシーズンを避けるのが無難です。

 

引越し見積もりで料金が変わる

引越し料金は、同じ条件でも依頼する業者の空き状況、曜日などによって差が出ることもあります。

また、引越し料金は基準が曖昧なので、引越し業者や担当者によって全く異なる額を提示されるといったことが起こります。

 

引っ越し料金を安くするには、複数の引越し業者の見積もりを比較することが大事です。

同じ条件でも引越し業者が違うだけで、料金が倍違うことも少なくありません。

 

既に引っ越しが決まっている人は一括見積もりがおすすめです。

「一括見積もり」は、複数の引っ越し業者に一括して見積もりをすることができます。

 

ただし、一括見積もりをした場合は数社からの電話がまとめてかかってくるので、それを煩わしいと感じて利用しない人もいます。

 

引越しの見積もりは無料で一括見積もり

ポイント

●一括見積もりは3社~5社が一般的

●利用できる業者の数はどれくらいか

●引越し業者には、遠距離・近距離など、得意分野がある

 

 

引越し達人セレクト

「引越し達人セレクト」に無料見積比較申込をすると、引越し代金が最大55%オフになることも。

最大6万円のお祝い金のチャンスもあります。

 

 

 

引越し業者見積り比較

 240社以上の中から最大10社まで無料で一括見積もりができます。

 

 

引越しで必要な手続き

引越しでは、様々な届出も必要です。

引越しの前と後で行う手続きも違うので、忘れないように届出しましょう。

 

市区町村で行う手続き

・転出届(他の市区町村に転出するとき)

・転入届(他の市区町村に転入するとき)

・転居届(同じ市区町村内)

・印鑑登録(印鑑証明が必要な場合)

 

社会保険に関する手続き

・国民年金

・国民健康保険(加入している場合)

・介護保険

 

子供に関する手続き

・小中学校の転校手続き

・児童手当

 

高齢者に関する手続き

・後期高齢者医療

・福祉乗車券

 

障害者に関する手続き

・障害者手帳

・医療費助成

・特別障害者手当

 

車両に関する手続き

・原付バイク・小型特殊自動車

・軽自動車・二輪の軽自動車の住所変更

・普通自動車・二輪の普通自動車の住所変更

・自動車の登録変更

・車庫証明の取得

・運転免許証の変更手続き

 

ライフラインに関する手続き

・水道(水道局)

・電気

・都市ガス

・プロパンガス

・電話・インターネット

・郵便物の転送届

 

その他の手続き

・パスポートの変更手続き

・ペットの登録手続き

・粗大ごみ

 




  • この記事を書いた人

ライフプラン

横浜市にある不動産会社ライフプラン。

1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しており、住宅ローンの相談から老後の生活相談まで対応しています。

URL https://tokyo-lifeplan.com

-ライフスタイル
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.