ライフスタイル

年明けから引っ越し費用は高くなる

投稿日:

不動産会社で営業をしていると、お客様から「引っ越しにおすすめの時期はありますか?」といった質問を受けることがあります。

 

結論からいうと、引っ越しにおすすめの時期は、引っ越しシーズン以外となります。

 

一般的に引っ越しシーズンといわれるのは1月~4月ですが、引っ越し業者にとって特に忙しいのは3月~4月といわれています。

引っ越しシーズンにどうしても引っ越ししなければいけない場合は別ですが、引っ越しシーズンを避けられるのであれば、避けたほうがいいでしょう。

引っ越しシーズンを避けることで、引っ越しの見積もりも安くなるうえ、不動産も安く契約できる可能性があります。

不動産業者の繁忙期は1月~3月

新しく大学に入学する生徒や新社会人は、一般的には賃貸で部屋を探すので、部屋探しは1月~3月に集中します。

対して売買の場合は、賃貸ほど引っ越しシーズンが決まってるわけではありませんが、人事異動の時期や子供の入学に合わせて不動産を購入する人が多いので、売買も1月~3月に取引が集中します。

不動産探しの閑散期は夏場です。特に最近の日本の夏は猛暑が当たり前なのでお客様も物件探しを手控えたりします。

 

新しい引っ越し先が決まれば、次は引っ越し業者に依頼するので不動産業界の繁忙期と引っ越し業者の繁忙期は重なります。

引っ越し業者にとっても1月~3月は繁忙期ですが、実際の入学や入社は4月なので、ほとんどの人は3月中旬~4月上旬に引っ越しが終わるように依頼します。

なので、引っ越しは特に3月~4月に集中します。

 

賃貸居住者の移動が活発になる1月~3月が過ぎると、町場の不動産会社は暇になります。

引っ越し業者にとっても、2月~4月は繁忙期なのでアルバイトを増員して対応します。

引っ越しシーズンの1月~4月になると、引っ越し業者も強気になれるので、普段より多額の見積もりを提示しても仕事の依頼があります。

引っ越しシーズンであれば、普段の2割、3割増しになることも珍しくなく、2倍の費用を見積もる業者もあるとか。

 

以上のことから、1月~4月といった引っ越しシーズンに、引っ越さなければいけない人以外は、引っ越しシーズンを避けるのがベターです。

 

スポンサーリンク

 

オフシーズンは交渉の余地あり?

不動産会社も引っ越し業者も、お客様が多い引っ越しシーズンは強気です。

お客様も部屋探しにのんびりしてると、4月の入学式や入社式に間に合わないなんてことにもなりかねません(毎年1人2人は見かけます)。

なかなか物件が決まらないため、入学式から数日はホテルから学校に通ったという人もいます。

 

不動産業者にとっても引っ越し業者にとっても、引っ越しシーズンは立場が有利なので、費用の交渉にはなかなか応じてくれません。応じてくれてもオフシーズンに比べれば大したことはありません。

反対にオフシーズンであれば、交渉に応じてくれることもあります。

アパートに空室があっても不動産業者は痛くはありませんが、引っ越し業者はそうはいきません。

引っ越し業者は繁忙期だけ仕事するというわけにはいきませんから、お客様に費用を安くしてとお願いされれば交渉に応じてくれたりします。

 

不動産の売買では、オフシーズンの方がお客様は少ないので、値下げ交渉に応じてくれやすいです。

 

これから引っ越しを検討している人は、オフシーズンがおすすめです。

 

不動産の売買だと決算期が狙い目

賃貸の場合は決算期は関係ありませんが、売買の場合は売主の決算期を狙うと安くなることもあります。

特に上場している会社は、株主に対して少しでも決算書をよくするために、少しでも売り上げを伸ばし、在庫を抱えないようとします。

そのため価格の交渉に応じてくれるというわけです。

 

特に新築マンションでは、決算期前に売り切ろうとして1割引きなんてこともあるので、新築マンションを狙ってる人はいいかもしれません。

ただし、大幅値下げを敢行する物件は、売れ残りが普通だということも知っておいてください。

また、本当は購入する気がなかったのに、大幅値引きに釣られて購入してしまい、あとで後悔する……なんてこともよくあります。

 

スポンサーリンク

 

引っ越しの見積もりは比較サイトがおすすめ

引っ越しの費用は、業者によって違います。

引っ越し見積もりサイトであれば、数社からの見積もりができます。

ここでは引っ越し見積もりサイトを3つ紹介します。

 

1度の電話で、複数の見積が揃う引越し見積もり比較サイト【引越しラクっとNAVI】

 

引越しっていくらかかるの?超簡単!無料一括見積り比較!引越し屋

 

多くの皆様からご愛用!【引越し達人セレクト見積もり

  • この記事を書いた人

ライフプラン

横浜市にある不動産会社ライフプラン。

1級ファイナンシャルプランナーと社会保険労務士が常駐しており、住宅ローンの相談から老後の生活相談まで対応しています。

URL https://tokyo-lifeplan.com

-ライフスタイル
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2019 All Rights Reserved.