ローン

「住宅ローンの基礎知識」元利均等返済と元金均等返済について

更新日:

今回の住宅ローンの基礎知識は、住宅ローンの返済方法についてです。

 

不動産の購入では、不動産のことばかりに目がいきますが、住宅ローンについても学んでおいた方が良いです。

なぜなら住宅ローンが原因で破産する人は多く、住宅ローンの知識が身を守ることもあるからです。

 

契約をしてしまえば不動産会社とはそれまでですが、住宅ローンとの付き合いは契約から始まります。

何十年にもわたる住宅ローンのことについて、業者任せでは危うい橋を渡ることになるといっても過言ではありません。

 

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済がある

住宅ローンの返済方法には、元利均等返済元金均等返済の2つの方法があります

 

元金とは、住宅ローンの借入部分のことをいい、元利の利は利息のことをいいます。

つまり、元金均等返済とは借入部分を均等に返済する方法をいい、元利均等返済とは元金と利息を合わせた金額が均等になるような返済方法をいいます。

 

回は元利均等返済と元金均等返済の2つの違いについてまとめてみようと思います。

 

元利均等返済

元利均等返済は、元本と利息を合わせての毎月返済額が一定の返済方法です。

 

例えば、3000万円の住宅ローンを2%の金利で35年の返済期間で借りれば月々の返済額は9万9379円になります。

そして、毎月の返済額は利息部分と元金部分に分けることができます。

最初の返済額は利息部分5万円と元金部分4万9379円が内訳の9万9379円です。

これが300回目の返済額の内訳だと利息が1万8136円、元金8万1242円となります。返済額は同じでも内訳は全然違いますね。

これは、最初のうちは元金が多いため利息が多くかかるからです。そのため最初のうちは住宅ローンの借入額は遅く減っていき、後になれば利息が少ないので元金の減り方も早くなります。

金利が契約金を通して変わらなければ、毎月の返済額は変わらないため、計画が立てやすいのはメリットといえます。

 

元利均等返済の返済内訳(3,000万円 金利2%)

回数 元金部分 利息部分
1回目 49,379円 50,000円
120回目 60,202円 39,177円
200回目 68,780円 30,599円
300回目 81,242円 18,136円

 

スポンサーリンク




 

元金均等返済

元金均等返済は、元金を均等に返済するので、元金の多い最初のうちは返済額が大きくなります。

また、借り入れできる金額も一般的には元利均等返済より少なくなります。

 

元金均等返済であれば、最初から元金をそれなりに減らせるので、元利均等返済より総返済額は少なくなります。

3000万円、金利2%、35年の返済計画では、最初の返済額は元金7万1428円と利息5万円の計12万1428円になります。

そして、300回目では元金7万1428円と利息1万4405円の計8万5833円になります。

 

元金均等返済は、まだ子供が小さいうちに住宅ローンを減らしたい人や最初の返済額でも返していける収入に余裕がある人には向いています。

ただし、最初の負担が大きく、使い勝手が悪いことから、元金均等返済方法を利用する人はほとんどいません。

 

元金均等返済の返済内訳(3,000万円 金利2%)

回数 元金部分 利息部分
1回目 71,428円 50,000円
120回目 71,428円 35,833円
200回目 71,428円 26,309円
300回目 71,428円 14,405円

 

元利均等返済と元金均等返済のまとめ

元利均等返済を選択しても、元金均等返済との差額分を繰り上げ返済を利用することによって、総返済額をかなり元金均等返済に近づけることができます。

また、3000万円、金利2%の場合に元利均等返済の返済期間を30年にすれば毎月の返済額は11万885円となり、総返済額では元金均等返済(3000万円、金利2%、返済期間35年)より60万円少なくなります。

元金均等返済だと金融機関によっては扱っていないこともあります。

 

柔軟に元利均等返済を選択したうえで、返済期間を換えたり、繰り上げ返済をすることによって総返済額を抑えるのも一つの方法です。

住宅ローンの見直しは、実にさまざまな選択肢があります。

 

現在の日本は、雇用の不安定、少子高齢化、税金の増税、経済のグローバル化によって大きく社会環境が変わり将来が不透明ですから、住宅ローンの返済方法を考えるときは、ライフプランも合わせて考慮する必要があります。

 




  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-ローン
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.