ライフプラン

ファイナンシャルプランニングの相談から改善案までの流れ

更新日:

テレビや雑誌で見かけるようになったファイナンシャルプランナーですが、実際はファイナンシャルプランナーが何の専門家なのかまだまだ知らない人は多いです。

お金の専門家と紹介されることが多いのですが、このような漠然とした紹介ではイメージが付きにくく、誤解も多かったりします。

 

ファイナンシャルプランナーとは

ファイナンシャルプランナーは、顧客のライフプランに基づいて、金融、経済、不動産、保険、税金、相続、年金、住宅ローン、教育資金等の知識を使って顧客のライフプランの実現をサポートする専門家といわれています。

そして、ライフプランに基づいてお金の計画を立てたり、計画的に使うことをファイナンシャル・プランニングといったりします。

 

目標を達成するために住宅ローンの返済計画や保険の見直し、相続対策、資産運用の提案、税金対策、目標の見直しを行いますが、これらはあくまでもライフプランの実現のためです。

欧米、特にアメリカではあらゆる金融商品の中から顧客とファイナンシャルプランナーが相談してその人に合ったものを選択するいったことが行われるそうです。

欧米は金融先進国なので、一人一人がライフプランを立てるのが日本よりも普及していますが、金融後進国の日本ではほとんどの人がライフプランやファイナンシャル・プランニングを知りません。

知っているのは、ファイナンシャルプランナーの資格試験の勉強をした人くらいというのが実際のところです。

 

スポンサーリンク

 

ファイナンシャルプランナーが対応している相談

ファイナンシャルプランナーが扱う範囲は広いので、ファイナンシャルプランナーの中には特定の分野に特化していることがあります。

例えば、家計相談専門のファイナンシャルプランナー、税理士の人は税金、社会保険労務士なら年金といったようにです。

当社であれば、宅地建物取引業の免許を保有しているので、不動産に関するお金の相談全般に対応しているといった感じです。

 

特定の分野に特化しているといっても、ファイナンシャルプランナーはライフプランの専門家なので、ライフプラン相談には対応していると思いますが、稀にライフプランには対応していないファイナンシャルプランナーもいるようです。

とはいえ、ファイナンシャルプランナーにも得意な分野があるので、事前に相談内容に対応できるか聞いた方がよいでしょう。

 

ファイナンシャルプランナーへのよくある相談

・家計相談

・住宅ローン

・生命保険の相談

・老後資金の相談

・資産の有効活用

など

 

ファイナンシャルプランナーに相談する流れ

以下、ファイナンシャルプランナーに相談する流れについて、例をあげてみていきます。

 

相談の予約

佐藤さん(仮)のプロフィールは、会社員の夫、専業主婦の妻、子供(3歳、1歳)です。

佐藤さんは、一戸建てを購入しようと思って不動産会社を訪れ、無事に気に入った物件が見つかりました。

 

佐藤さんは一戸建ての購入では、住宅ローンの借り入れをする予定です。

しかし、いざ申し込みをしようと思ったものの、住宅ローンを無事に支払っていけるか急に不安になりました。

そこで、不動産屋に提示された住宅ローンの資金計画が問題(過大)となってないかファインナンシャルプランナーに相談することにしました。

 

面談

佐藤さんは、実際にファイナンシャルプランナーと面談の日時となりました。

ファイナンシャルプランナーのほとんどは、出張サービス相談に対応していることが多いようです。

 

ファイナンシャルプランナーが、提示された住宅ローンと佐藤さんの家庭の状況を比較してみると、子供の教育費が負担となる時期が数年先だったので、その点について佐藤さんはアドバイスを受けました。

また、不動産屋さんから提示された住宅ローンの返済額が借入可能額での提案でしたので、そのことについても説明されました。

 

ファイナンシャルプランナーにキャッシュフロー表の作成を勧められたので、佐藤さんはキャッシュフロー表を作成してもらうことにしました。

キャッシュフロー表について相談した結果、実際にキャッシュフロー表を作成をすることとなり、収入・支出の分かる資料などの必要資料を提出して、後日に再度面談することになりました。

ファイナンシャルプランナーによってはその場で簡易的なキャッシュフロー表を作ってくれることもあります。

 

現状と相談内容の分析

2回目の面談の日時では、キャッシュフロー表をもとに修正しながら改善点を見つけていきます。

ライフプラン相談資料

 

 

不動産会社に提示された借入可能額とは、金融機関が貸してくれる金額の上限額をいいます。

あくまでも借り入れ可能な金額なので、借入可能額が必ずしも佐藤さんにあった住宅ローンの借入額とは言えないとのことでした。

借入可能額の説明を受けた後、借入可能な金額で住宅ローンを借り入れた場合の今後の収支を確認することになりました。

 

 

借入可能額で住宅ローンを利用した場合、将来的に子供の教育費用のかかる時期と重なるため、このままであれば45歳頃で年間収支はマイナスとなり、資産もマイナスとなるとのことでした。

それと、不動産会社が提示した住宅ローンは変動金利だったので、金利が上昇するようなことがあった場合のリスクを理解したうえで利用する必要があると説明されました。

 

以上のことを踏まえて再度話し合った結果、子供の教育資金については高校まで負担することにし、本人が大学へ進学を希望した場合は、奨学金を利用したりバイトするなりしてもらい、自力で進学してもらうことになりました。

 

住宅ローンについては、予算を下げてはどうかと勧められ、奥様には下の子が小学校の高学年さんになったらパートや派遣として働きに出でみてはどうかとの提案を受けました。

この結果、中古住宅も視野に入れて再度、不動産探しをすることになりました。

 

他にも生命保険の見直しと定期的に買い替えるクルマについての話になりました。

 

これらの提案を実施することでだいぶキャッシュフローが改善される結果となりました。

ただし、「これらはあくまでもシミュレーションなので、この通りに行くとは限りませんし、実践しなければ意味がありません」とのことです。

 

まとめ

ファイナンシャルプランナーに相談した場合の流れはこんな感じになると思います。

 

ファイナンシャルプランナーといっても、家計相談を専門にしている人、ライフプラン相談を専門にしている人、兼業の人などがいます。

また、企業に属しているファイナンシャルプランナー、独立した立場からアドバイスするファイナンシャルプランナーがいたりと多種多様です。

ファイナンシャルプランナーであれば、ライフプランの相談には対応してくれるはずです。

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-ライフプラン
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.