「 年金 」 一覧

年金受給額の目安

老後に受け取れる年金額はいくら?老齢年金額の目安

老後に受け取れる公的年金には、老齢基礎年金と老齢厚生年金給付とがあります。 老後の年金の基礎となるのが老齢基礎年金で、老齢厚生年金給付は老齢基礎年金に上乗せして支給されます   老齢基礎年金 ...

通知

ねんきん定期便で何が分かるのか(年金を知るためのポイント)

町内会の集まりに行ってきました。 今後の行事の打ち合わせのために集会所へ行ったのですが、その席で「ねんきん定期便」についての話が出ました。   いまさらですが「ねんきん定期便」は、保険料の納 ...

老後の資金に2000万円以上必要といわれる理由について解説します

金融庁が「金融審議会 市場ワーキンググループ報告書 高齢社会における資産形成・管理」という報告書により「老後の資金には年金とは別に2000万円が必要」と報告しようとしたところ、麻生大臣は「正式な文書と ...

2019年度の国民年金額は0.1%の増額

2019年度の年金額が0.1%の増額となりました。 この話は年末年始にニュースにもなっているので、ご存知の方も多いかと思います。   しかし、年金がどのようにして増額したかまでご存知の方は、 ...

ビジネスチーム

確定拠出年金と確定給付企業年金の違いは誰がリスクを負うか

確定拠出年金と確定給付企業年金は、どちらも老後資金のためにあるような制度です。 iDeCo(イデコ)導入で対象者が広くなりましたが、確定拠出年金は以前は全ての人が対象ではありませんでした。 以前は、確 ...

天の川

公的年金には、1人1年金の原則というルールがある

公的年金制度では、支給事由(しきゅうじゆう)といってどのような場合に支給されるかが法律で決まっています。   支給事由はそれぞれなので、人によっては、自分の障害年金の受給権がありながら、親の ...

老後に向けてiDeCo(イデコ)を今すぐにでも始めたほうがいい理由

社会保険制度だけでは、ほとんどの人が老後の生活費が不足するということが知られるようになりました。 加えて法律の改正によって、iDeCo(イデコ)の対象が拡大しましたことから、多くの人がiDeCoに興味 ...

不動産営業

日本の公的年金制度の特徴と国民年金や厚生年金を受けれる人

年金には、国が運営する公的年金と国以外が運営する私的年金があります。   公的年金の代表的なものには、国民年金と厚生年金があります。 私的年金には、個人で加入する生命保険会社等が扱っている個 ...

株式市場

公的年金とiDeCo(イデコ)で老後に備えられる

平均的な家庭の老後は、夫婦二人で毎月5万円~7万円不足するといわれています。 これはあくまでもモデルなので、無職期間のある人や自営業の人はさらに不足する可能性があります。   社会保険には、 ...

社会保障

遺族年金の男女差は「合憲」の判決、遺族年金の男女差とは?

地方公務員災害補償法の遺族補償年金の遺族について、夫を亡くした妻を無条件で支給対象としているのに対して、妻を亡くした夫には年齢制限を設けていることが、憲法の法の下の平等に違反していないか争われ、201 ...

遺族年金

社会保険制度は知らないと損をします

社会保険には、雇用保険・労働者災害補償保険・国民年金・厚生年金・公的医療保険・介護保険といったものがあります。   雇用保険や労働者災害補償保険といった労働者に関する保険を労働保険といい、公 ...

コーヒーブレイク

厚生年金基金の設立不可で注目される私的年金

会社員や公務員が被保険者になれる公的年金が厚生年金です。 大手企業等では、企業年金のために厚生年金基金を設立していました。   厚生年金基金が、国に代わって運用するのが「代行給付」といわれる ...

国民年金の給付にはこんなものがあります

国民の老後生活を支える年金制度ですが、年金制度が知られているとはいい難く、実際に年金を受け取っている人でもよく分かっていないことがよくあります。   厚生年金は、会社員が対象となるので、人に ...

ライフスタイル

自分年金におすすめの確定拠出年金と国民年金基金

公的年金である国民年金と厚生年金は、法律上の適用要件を満たせば、自分の意思とは関係なく加入の対象となります。 よく言われる「老後資金は2,000万円から3,000万円が必要」というのは、これら公的年金 ...

社会保障

公的年金(国民年金や厚生年金)の基本的なポイント

ライフプランを考えるうえで真っ先に知る必要があるのが公的年金についてです。   公的年金は、会社を定年退職した後の生活の柱となるので、ライフプランでもリタイアメントプランでも非常に重要な項目 ...

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.