原状回復のガイドライン

不動産賃貸 投資

最悪の空室状況を回避するために

更新日:

平成25年に高齢率が25%を超えて以降、日本では人口減少が始まり、高齢率の上昇は今後も続きそうです。

高齢率が25%を超えると騒がれるようになってからは、相続対策のセミナーをよく見かけるようになりました。

不動産会社でも高齢者に対して、相続対策向けにとアパート経営不動産投資セミナーを開催しているようです。

 

おかげで賃貸用アパートは乱立し、今の賃貸市場は完全に借手市場となっています。

なので、空室率を少しでもよくするためにも、現在の賃貸市場を知ることは重要です。

 

敷金礼金ゼロは当たり前⁉

保証会社を利用することで家賃滞納に対するリスクはかなり低下します。

本来であれば、敷金は担保として貸主が預かるのですが、最近は敷金礼金なしという物件がかなり多く見ます。

貸主は敷金礼金をとらないかわりに、家賃滞納リスクに備えて借主に保証会社を利用してもらいます。

保証会社を利用することで、借主にとっても連帯保証人を探す手間が省けます

敷金は担保といった役割がありますが、礼金は貸主に対するただのお礼にすぎません。

周りの物件が礼金をゼロにしているのに、自分が保有する物件だけが礼金をとっていては、なかなか空室が埋まらないのは当然です。

需要のある場所であれば礼金は取れますが、競合の多いエリアであれば礼金をゼロにしてでも空室は避けた方がキャッシュフローは改善します。

 

空き家率は、右肩上がり

下の図を見て頂くと空き家は右肩上がりで上昇していることが分かります。

「平成25年住宅・土地統計調査」によると、空き家のほとんどが「賃貸用の住宅」と「その他の住宅」で90%を占めるようです。

神奈川は、全国的に見ても空き家率は低いといわれていますが、それでも賃貸用の住宅については、2割以上が空き家となっているようです。

実際、東京まで電車で1時間圏内のエリアの賃貸用住宅でも、新築の物件なのに立地が良くないせいで全く借り手がつかないことが増えています

今後、神奈川では、4割の賃貸住宅が空き家になると懸念されています。

 

平成25年住宅・土地統計調査 特別集計

 

貸主は流行に目を向けることも大事

ファッションや趣味に流行があるように、不動産にも流行があります。

賃貸住宅であれば、間取り、建物の構造、高齢者向け住宅等が考えられます。

その他、不動産市場が経済環境や社会的な要因から影響を受けることがあるように、賃貸市場も外部的な要因に影響を受ける場合があります。

 

例えば、20年前はワンルームでロフトが流行りましたが、今はロフトよりも部屋が広いほうが人気です。

また、30年ほど前からバストイレが一緒の物件が出てくるようになったようですが、バストイレが一緒だと使い勝手が悪いことが知られるようになり、今ではバストイレ一緒は不人気です。

昭和の時代は、洗濯機は外が当たり前だったようですが、今は室内洗濯機置き場でないと嫌がられます。

また、4人に1人以上が高齢者という時代なので、高齢者を無視することはチャンスを逃すことにもなります。

スポンサーリンク

不動産はやっぱり立地

不動産で一番重要なのはやっぱり立地です。

これは自宅でも不動産投資でも同じことです。

建物は建て替えや変更ができますが、立地については変更できません

賃貸用住宅を建てる際には、どのような人を募集するかも重要です。

 

単身者向けのエリア

大学街であれば、ファミリータイプの居住用建物を建てるより、単身者向けの居住用建物を建てた方がいいでしょう。

特に単身者向けの居住用建物は、コンビニやスーパーがあると人気が出ます。

将来のリスクに備えて用途地域や幹線道路についても確認しておくのがいいでしょう。

 

ファミリー向けに向いているエリア

ファミリー向けの賃貸住宅でお客さんが重視するのは、通勤や通学についてです。

通勤・通学は毎日のことなので、交通アクセスはほとんどのお客さんが気にします。

子供がいる家庭であれば、幼稚園、小学校、中学校への距離も問題です。また、中学校だと荒れてるかどうかが問われることがあります。

ファミリー向けだと病院が近いのもお客さんのポイントが高いことがあります。

墓場、火葬場、公害施設、工場といった施設があるとお客さんは嫌がります。

しばお
駅から遠くてもそれほど気にしないお客さんがいるのは、ファミリー向けの居住用建物です。

クルマ移動がメインのお客さんは、駐車場が必要ですし、車通勤では高速道路へのアクセスが問われる場合もあります。

 

物件の事前調査も大切

忘れてはならないのは、そもそもその土地はアパートやマンションが建てられるのかどうかです。

用途地域建築基準法による制限防火地域などの制限などもアパートやマンションの建設には重要な事前調査です。

 

他にも人口の増減や、土地価格・家賃価格の変動といった経済・市場調査も重要です。

若者がどんどん流出しているのに駅から10分以上かかるような場所にワンルームを建ててもなかなか空室は埋まりません。

 

まとめ

賃貸住宅の市場は、これからも借り手市場になるでしょう。

・現在は、敷金礼金ゼロは当たり前の時代。

・保証会社を利用した場合の家賃滞納リスクは、保証会社が負う。

・投資物件は、駅から徒歩10分だと遠い。できれば5分以内。

空室率は今後も上昇を続けていく。

エリアによって単身向けかファミリー向けのどちらに需要があるか違う。

 

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-不動産賃貸, 投資
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.