ローン

ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済がある

更新日:

住宅ローンの返済方法には、「元利均等返済」と「元金均等返済」の2種類の方法があるといわれています。

これからマイホームの購入を検討している人は、それぞれの特徴を知っておいても損はありません。

元利均等返済の特徴

元利均等返済は、住宅ローンでは最も一般的といっていい返済方法です。

住宅ローン利用者の9割以上は、元利均等返済ではないかと思います。

 

元利均等返済は、元金と利息の合計が毎回一定となる返済方法です。

例えば、元利均等返済では最初の月も35年後の最後の月も返済額は一緒になります。

違うのは返済額の内訳というか中身です。

FP
この図は、私が自分で作ったのですが、ちょっと歪な図になってしまいました。

この図は、縦が返済額を表していて、横は経過年数を表しています。

左にいくほど返済回数は少なく、右にいくほど返済回数を重ねていることを意味します。

 

元利均等返済では、毎月の住宅ローン返済額はずっと同じでも、その内訳が返済回数を重ねることによって変わっていきます。

返済当初は、住宅ローン返済額のうちの利息部分が多く、元金があまり減りません。

しかし、返済が進んでいくにつれて利息部分が少なくなり、その分元金が多くなります(借入金が多く減る)。

 

元利均等返済は、毎月の返済額が一定なので、ライフプランが立てやすく無理のない返済方法といえます。

ただし、元金均等返済よりも総支払額が多くなるのがデメリットです。

 

元金均等返済の特徴

元金均等返済は、元金の減り方が毎回一定という返済方法です。

元金は毎回同じですが、ローン残高が減れば利息も減るので、最初のうちは元金と利息を合わせた合計額(返済額)も大きいですが、後になればなるほど返済額が減少していきます。

この図も、縦が毎月の住宅ローン返済額を表し、横軸が返済回数を表しています。

横軸の左へいくほど返済回数が少なく、右にいくほど返済を重ねたことになります。

 

元金均等返済は、最初から元金を多く返済するため、総支払額(元金+利息)は大きくなりますが、最初から元金が多く減らせるので、それにともなって利息の負担も減ります。

収入が多い人には向いていますが、余裕がない人の場合は、いきなりローン破綻する可能性があります。

元金均等返済の方が、元利均等返済より総支払額を抑えらることができます。

 

元利均等返済と元金均等返済の違い

具体例を挙げて、元利均等返済と元金均等返済の違いを比べてみます。

 

まず、前提条件として、借入額を3000万円、返済期間を35年、金利を2%にして、1回目と10年後と20年後の返済額をそれぞれ見ていきます。

 

元利均等返済の返済額(借入額3000万円、返済期間35年、金利2%)

  月返済額 元金 利息
1回目 99,378 49,378 50,000
10年目 99,378 60,201 39,177
20年目 99,378 73,517 25,861

 

元金均等返済の返済額(借入額3000万円、返済期間35年、金利2%)

  月返済額 元金 利息
1回目 121,428 71,428 50,000
10年目 107,261 71,428 35,833
20年目 92,975 71,428 21,547

 

いかがでしょう、10年スパンでみるとかなり金額に差が出ますね。

ちなみに総支払額では、元利均等返済の方が41,738,968円で、元金均等返済の方が40,524,873円でした。

総支払額の差は、約121万円という結果になりました。

 

元利均等返済と元金均等返済のまとめ

・ローンの返済方法には、元利均等返済と元金均等返済がある。

・ほとんどのローンは、元利均等返済が選択されている。

 

・元利均等返済は、元金と利息の合計が毎回一定になる返済方法をいう。

・元利均等返済は、毎月の支払額が一定のため、ライフプランを立てやすい。

 

・元金均等返済は、毎回一定の元金を返済していく方法をいう。

・元金均等返済は、収入に余裕がる人は利用できるが、余裕がない人は破産するリスクが高まる。

 

・元利均等返済と元金均等返済の総支払額を比べると、元金均等返済の方が少ない。

 

今は、事例で挙げた金利よりも低いので、よっぽど余裕がある人でなければ、元利均等返済で十分だと思います。

そして、繰り上げ返済を利用していくのがよろしいと思います。

 

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-ローン
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.