名所

港の見える丘公園と山下公園のバラ2023

投稿日:2023年5月15日 更新日:

横浜ローズウィーク2023が5月3日から6月11日まで開催されてると聞いたので行ってきました。

バラは横浜市の花になってることもあり、5月から横浜各地でバラを鑑賞することができます。

5月から中旬ごろまでを目安に訪れるのがちょうど良さそうです。

今回は港の見える丘公園と山下公園を中心にまわってきました。

ガーデンネックレス横浜

3月からみなとみらいエリアを中心にガーデンネックレス横浜が開催(3月25日~6月11日)されています。

3月のサクラから始まって、チューリップ、ゆり、バラといった花を横浜の各地で観賞できます。

 

2023年大岡川のサクラ(見頃は3月下旬から4月上旬)

 

2022年横浜公園のチューリップ(見頃は4月上旬から中旬)です。横浜公園はスタジアムがある公園です。

 

現在は5月なので、バラを中心とした花を市内の各所で見れます。

 

バラは西洋風の建物と合うので、山手エリアのバラをめぐるコースがおすすめです。

元町・中華街駅から元町、中華街を経由するコースで組んでみました。

1.みなとみらい線「元町・中華街駅」スタート

2.アメリカ山公園

3.港の見える丘公園

4.山手資料館

5.山手イタリア山庭園

6.元町商店街

7.中華街

8.山下公園

 

電車の人は徒歩でもいいですが、途中に坂があるのでレンタルサイクルもいいと思います。

 

私は逗子からなので根岸の方からロードバイクで回りましたが、根岸不動下からの坂がきつかったです。

 

2023年港の見える丘公園のバラ

私は高校卒業まで横浜市内で過ごしましたが、港の見える丘公園に初めて来たのは社会人になってからでした。

社会人になっていろんな公園を訪れるようになりましたが、目的が昼寝とか読書だったので使いづらい公園というのが最初の印象でした。最初なんてそんなものだと思います。

 

横浜市内でバラを見るのに一番のおすすめが港の見える丘公園です。無料とは思えないほど充実しています。

港の見える丘公園は、バラが市の花に制定されたのをきっかけに公開されました。

バラの種類や数が豊富で、特にバラとカスケードの庭では西洋式の家をバックにバラを鑑賞できます。

写真映えもすると思います。

 

イングリッシュローズの庭(2023年5月14日)

 

イングリッシュローズの庭で観賞できる他の花をいくつか紹介していきます。

 

 

バラとカスケードの庭では西洋式の家をバックにバラの写真が撮れちゃいます。

(バラとカスケードの庭2023年)

 

姉妹都市であるフランスのリヨン市から寄贈されたバラだそうです。

 

カスケードというのは何段にもなっている小さな滝のことをいいます。カスケードの両脇にもバラが植えられています。

(港の見える丘公園のカスケード)

 

イングリッシュローズの庭エリアとバラとカスケードの庭エリアから少し階段を下りた先にあるのが、香りの庭エリアです。

周囲より低くして上から全体を見れるようにしたものが沈床花壇(ちんしょうかだん)です。

 

ここは香りの庭の名のとおり、香りのよいバラが植えてあります。バラのアーチをくぐるといい香りがします。香りによって分けられてるのも面白いです。

(香りの庭2023年5月)

 

2023年山下公園のバラ

山下公園も横浜を代表する公園で歴史もあります。

私が高校生の頃は港の見える丘公園よりも有名だったので、西区から自転車で訪れたことがあります。

周囲には歴史的建造物が建ち並び、公園から中華街や大さん橋へも徒歩で行ける立地の良さです。

 

山下公園のバラがある場所は、フランス波止場と呼ばれた船着き場があったところで、幕末は多くの船が行き交ったといわれています。

明治時代には、日本最初のボートハウスができ、ボートレースや水泳といったスポーツの拠点になっていたそうです。

1955年頃に現在のような花壇となったそうです。

 

山下公園の花壇も中心が一段低い沈床花壇になってます。コロナが解除されたのでかなり混雑してました。

(山下公園未来のバラ園2023年5月)

 

花壇の後ろに見えるのは氷川丸です。

 

ここからは山下公園で観賞できるバラを紹介します。

 

噴水の前のバラも見事でした。

 

私が子供の頃、家の庭にバラが植えてありましたが、こんな大きな花ではなかったと思います。

山下公園で初めて大きなバラを見て感動して以来、できるだけこの時季は足を運ぶようにしています。

 

アクセス

港の見える丘公園

所在地 神奈川県横浜市中区山手町114
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」6番出口から徒歩5分
おすすめ バラ・サクラ・チューリップ・夜景

 

 

山下公園

所在地 神奈川県横浜市中区山下町279
アクセス みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口から徒歩3分
おすすめ バラ・サクラ・チューリップ・噴水

 

おわりに

個人的に横浜市でバラを見学するのにおすすめなのは、港の見える丘公園、山下公園、イングリッシュガーデン、横浜八景島です。

中でも港の見える丘公園と山下公園は、周辺の観光名所とあわせて見れるのでおすすめです。

 

来年は里山ガーデンにも行ってみようと思います。

  • この記事を書いた人

賃金 26カ月連続マイナス、いいかげんにしろ

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。 住宅ローンが老後に与える影響は大きいです。 資産があるのにお金がないとは? いくらのローンなら返済していける? 年金について知らずに家を購入するのは無謀? 投資初心者が投資を始めるには? 不動産だけでなく、ライフプランの相談にも対応してます。 担当ジャンル:雑記、不動産、ライフスタイル、投資 資格:宅建士、管業、簿記1級、1級FP 有酸素運動を取り入れて予備試験に挑戦中。

-名所
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2024 All Rights Reserved.