名所

逗子の「お猿畠の大切岸」と「まんだら堂やぐら群」

更新日:

鎌倉時代、七口と呼ばれた鎌倉に入る道があった。

七口の中でも当時の面影を残しているといわれているのが、「名越切通(なごえきりどおし)」と「朝夷奈切通(あさいなきりどおし)」である。

鎌倉と逗子をつなぐ「名越切通」の途中には、「お猿畠の大切岸」と「まんだら堂やぐら群」という名所があるので行ってみる。

お猿畠の大切岸

お猿畠の大切岸(おさるばたけのおおきりぎし)」は、逗子にある日蓮宗の寺院「法性寺(ほっしょうじ)」に近い名越切通沿いにある。

 

法性寺は、「猿畠山 法性寺(えんばくさん ほっしょうじ)」といい、鎌倉の松葉ヶ谷に草庵を構えた日蓮は立正安国論がもとで恨みを買ってしまい、浄土教信者たちに襲撃される。

日蓮が襲撃される直前に、三匹の白猿が現れて山の岩窟へと導き、難を逃れて助かった。日蓮はこの白猿の恩に報いるように弟子に言いつけた。

 

お猿畠の大切岸は、長さが800m以上、高さ3m~10mにもなる断崖が尾根に沿って続いている岩場である。

以前は、鎌倉幕府が三浦一族の攻撃の備えとして築いた防衛施設だと考えられてきたが、平成14年の発掘調査で大規模な石切り場跡地ということが判明した。

14~15世紀に鎌倉で建築に使う石が大量に必要になり、この地が石切り場になったようだ。

 

名越切通は、鎌倉になる七つの切通しの中では、朝夷奈切通と並んで当時の面影を残している。

名越切通は、鎌倉から三浦半島を結ぶ交通路で、明治時代に入って、現在の横須賀線や小坪トンネルが開通するまでは幹線道路として使われてきた。

通行しやすいように改修したり、天災などで崩れては復旧を繰り返してきたため、時代とともに変化してきた。

 

名越切通は、ハイキングコースにもなっている。

 

岐れ道ごとに案内標識があるため、道には迷わないで行けると思う。

まんだら堂やぐら群は、原則は閉鎖中だが、定期的に見れるように年に一定期間だけ公開している。

 

法性寺裏からであれば、10分もかからずに「お猿畠の大切岸」に着く。

前方に見えるのが石切り場跡の「お猿畠の大切岸」だ。歩いていていると足元がふわふわする。

 

大切岸は、風化の影響もあって奇妙な光景だった。

手前の道がハイキングコースになっているため、人通りは多い。

 

お猿畠の大切岸の途中からは、逗子の市街地が見える。

 

お猿畠の大切岸へのアクセス

所在地 神奈川県逗子市久木

電車バス JR横須賀線「逗子駅」からバスで「法性寺」バス停で下車して、法性寺裏から名越切通で徒歩

 

逗子駅からバスで「緑ヶ丘入口」バス停まで行き、名越切通で「まんだら堂やぐら群」を見た後にお猿畠の大切岸へ行くという人も多い(おすすめ)。

 

まんだら堂やぐら群

次は、「まんだら堂やぐら群」へ行く。

 

途中には、鎌倉の指定文化財「石廟」がある。

 

まんだら堂やぐら群とお猿畠の大切岸との途中、サリーちゃんの館の裏の道を進んで行く。

 

こんな山の中なのにお墓を守るようにして猫がいる。

 

途中の道は、なだらかな丘陵が続く歩きやすい道だった。

 

鎌倉と逗子をつなぐこの切通しは、明治時代まで主要な道として使われていた。

 

まんだら堂やぐら群入口手前にも黒猫が二匹いた。兄弟なのか親子なのかは分からないが、帰りも寄り添うように一緒にいた。

以前来た時も一緒にいたので仲良しであることには違いない。

 

大切岸から歩いて10分くらい?してやぐら群に到着した。

 

まんだら堂やぐら群には約150基の供養塔が建っているそうだ。

この周辺からは、死者をだびに付した跡が見つかっており、また、斬首された人骨や火葬された人骨が出土している。

 

周辺には、たくさんのやぐらと供養塔がある。やぐらは、鎌倉ではよく見られる光景で、やぐらの中には供養塔や石仏が安置されていることがある。

 

なんでこんな所にこんな場所がと思ったが、現在も発掘調査中のようで、これからこの場所が詳しく判明するかもしれない。

 

次回、いつ公開されるかは、逗子市のホームページから確認できる。

逗子市 ホームページ

 

今回のまとめ

お猿畠の大切岸に行くのであれば、まんだら堂やぐら群と一緒に見るのが良いと思う。

 

・名越切通は、鎌倉に通じる七口(七つの切通)の一つ。

・お猿畠とは、松葉ケ谷の法難で日蓮上人を助けた三匹の白猿に由来する。

・お猿畠の大切岸は、昔あった石切り場の跡。

・お猿畠の大切岸からまんだら堂やぐら群へは、名越切通を使って歩いて行ける。

・まんだら堂やぐら群にあるやぐらの数は約150基ほど。

・まんだら堂やぐら群は普段は閉鎖してるが、限定公開が行われることがある。

 

 

  • この記事を書いた人

おぐに

歴史と旅が好き。休みの日は、ツーリングや観光していることが多い。

神奈川県の観光地を紹介していく予定。

-名所
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.