名所 歴史

「鶴岡八幡宮」は鎌倉一のパワースポット

更新日:

鎌倉を代表する「鶴岡八幡宮」は、源氏の氏神として武士の崇敬を集めた。

また、鶴岡八幡宮の境内には、いくつかの摂末社があり、様々なご利益があるパワースポットとしても知られている。

神奈川の一大観光地として、毎日多くの外国人が訪れている。

鶴岡八幡宮は鎌倉一のパワースポット

源頼義が前九年の役を平定した後、由比の郷に石清水八幡宮を勧請し、鶴岡若宮を造営したのが鶴岡八幡宮の始まりである。

源頼朝は、治承4年(1180)10月6日に鎌倉入りすると、由比の郷の八幡宮を現在の鶴岡八幡宮がある地に移すことにして造営を開始した。

鎌倉幕府が開かれた後は、鶴岡八幡宮は武家の守護神として全国の武士から崇敬された。

 

以後、北条家、足利家、後北条家、徳川家といった支配者からも篤く信仰された。

 

 

由比ヶ浜から続いている若宮大路は、まっすぐに鶴岡八幡宮まで通っている。

由比ヶ浜から若宮大路を八幡宮に向かって進むと、一の鳥居、二の鳥居、段葛、三の鳥居を見られる。

由比ヶ浜の海岸は、海水浴発祥の地ともいわれ、夏は多くの海水浴客でにぎわう。

由比ヶ浜は、湘南を代表する海岸である。

 

「一の鳥居」

 

二の鳥居から三の鳥居まで

JR鎌倉駅の東口を出て若宮大路に出た後、左へ少し進んだ先に二の鳥居がある。

 

一の鳥居から数分歩くと二の鳥居が見えてくる。

 

二の鳥居の前には、二匹の狛犬が立っている。

二の鳥居から三の鳥居まで段葛が続く。

 

段葛の両脇には、桜の木が植えられており、桜の名所にもなっている。

 

段葛から見た二の鳥居。

 

数分歩くと三の鳥居が見えてくる。三の鳥居の向こうに見えているのは鶴岡八幡宮の本宮。

 

三の鳥居周辺は、常に観光客でいっぱいだ。

 

鶴岡八幡宮は、初詣の参拝者数が神奈川県で最も多いことでも知られている。

 

「太鼓橋」

北条氏の一族・赤橋家のもととなった橋。現在は渡ることができない。

 

源平池

境内に入ると赤橋をはさんで東西に池がある。

西の池を平家池と呼び、東の池は源氏池と呼んでいる。

平家池と源氏池を合わせて源平池という。

 

平家池には島が四つあり、源氏池には島が三つある。

平家池の島が四つあるのは、四は死を意味して平家の死に通じるとされている。

そして、源氏池に島が三つあるのは、三は産を意味して縁起がいいとされている。

 

平家池

 

平家池は、夏になると蓮の花が見事に咲く。

 

こちらは源氏池

源氏池

 

源氏池に浮かぶ島の上に「旗上辨財天社」が建てられている。

頼朝夫人・北条政子は、平家滅亡の悲願のために、源平池を作らせ、源氏池の島に旗上弁財天社を創建した。

この社は、出産、子宝、縁結びにご利益があるといわれる。

旗上弁財天社御由緒記

 

舞殿・白旗神社

本宮の下には、舞殿(下拝殿)がある。

舞殿は、頼朝に頼まれて、静御前が義経を思って舞った若宮回廊跡に建てられた。

 

舞殿

 

摂社の白旗神社には、源頼朝とその子実朝が祀られている。

出世運、学業運にご利益があるそうだ。

豊臣秀吉は、後北条氏を滅ぼした後、鎌倉に寄って参詣した。

その際に頼朝の廟所により、頼朝の像を見て、

微賤から身を起こして天下を取ったのは頼朝と秀吉の二人だけだが、頼朝は名門の流れを汲んでいるのに比べて秀吉は匹夫より出ている、「あんたと自分は天下友達というべきだ」と言って像をたたいて大笑いした、そうだ。

頼朝は、治承4年(1180)8月17日に伊豆で挙兵した後、石橋山で敗れて房総半島に逃れ、房総半島で大軍を得て10月に鎌倉入りした。頼朝は、2カ月足らずで平家に匹敵するほどの兵を集めることができた。

 

 

「鶴亀石」水をかけると鶴と亀の模様が出るめでたい石。

開運のご利益があると言われている。

 

鶴岡八幡宮の本宮

鶴岡八幡宮の中心。

頼朝がこの地から天下を取ったことにあやかって、勝負運、開運、出世運、縁結びなどのご利益があるという。

石段と本宮は、常に多くの人で賑わっている。

 

中は撮影禁止

 

石段の下には、大銀杏がある。

「大銀杏」

生命力のパワースポット

 

「丸山稲荷社」

商売繁盛のご利益があるとか。

 

鶴岡八幡宮の交通アクセス

所在地 神奈川県鎌倉市雪ノ下2丁目1−31

鶴岡八幡宮周辺の駐車場は、1時間あたり600円程度のところが多い

 

源頼朝の墓

鶴岡八幡宮から歩いて10分くらいの場所に、武家政権の創始者「源頼朝」の墓がある。

 

「源頼朝の墓」

江戸時代後期の薩摩藩主・島津重豪が整備したとされている。

 

源頼朝の墓近くにあった案内板

 

頼朝の墓所在地 神奈川県鎌倉市西御門2丁目5番

 

鶴岡八幡宮まとめ

・鶴岡八幡宮は鎌倉一のパワースポット

・若宮大路は、由比ガ浜から鶴岡八幡宮まで続いている

・段葛は桜の名所

・鶴岡八幡宮は、摂末社が多い。

  • この記事を書いた人

おぐに

歴史と旅が好き。休みの日は、ツーリングや観光していることが多い。

神奈川県の観光地を紹介していく予定。

-名所, 歴史
-, , ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.