市場・データ

日本の将来の人口の推移から不動産市場の今後を見る

更新日:

不動産の市場を考える場合は、そのエリアでの人口の推移を知り、将来の人口動向を見定めておくことが大事です。

そのエリアでの自治制度と今後の展開次第で将来の人口予測は変化するかもしれませんが、過去の人口推移からある程度将来の人口動向を知ることはできます。

 

昭和のように人口が増加していた時代は都市部の土地が高騰してしまい、多くのサラリーマンは都市部で住宅が購入できず、郊外の土地が開発されるのを待って住宅を手に入れました。

バブルが崩壊して日本がデフレ時代になった後は、都市中心部の不動産価格が低下し、それまでと変わって郊外から都市部に回帰する流れとなりました。

これには若い世帯の減少も影響していると考えられます。

東京圏は好調、地方は不調

不動産市場も需要と供給によって価格が変化することから、需要と供給に影響を及ぼす人口の推移を知っておくことは重要です。若い世帯の方が不動産を必要とするので人口構成も重要かもしれません。

平成20年から日本の人口は減少に転じていますが、これも不動産市場にはマイナス要因です。

ただ、日本全体では人口が減少するといっても、東京、愛知、大阪を中心とした都市圏では現在も人口が増加傾向にあり、不動産市場も値上がり傾向にあります。

反対に過疎が進む地方では、人口の減少に歯止めがかからず、不動産市場の価格も下落傾向にあります。

 

例えば、神奈川県の横須賀市では人口流出の数で2013年に全国1位を記録したのは記憶に新しいですが、隣接する三浦市でも人口減少が問題となっており、神奈川県で唯一の消滅可能都市といわれています。

横須賀市も三浦市もどちらも三浦半島にある都市ですが、どちらの自治体も人口減少に問題を抱え、不動産価格も下落傾向にあり、空き家率も高いです。

横須賀市全体では、10年で土地の1割が下落したといわれており、湘南鷹取といった高級住宅地では20%減と大幅に土地価格が下落しました。

横浜・川崎は上昇、平成31年神奈川県の地価公示

国土交通省は、2019年1月1日時点の地価公示を発表しましたが、神奈川県も3月20に県内の地価公示をまとめたものを発表しました。   少子高齢化が進む日本では、土地の価格についても人口減少の ...

続きを見る

 

横須賀市といえば、東京まで通勤する人も多く、東京を中心とした都市圏内なのにです。

ただし、横須賀市でも利便性の高い場所であれば、すぐに申し込みが入るので、やっぱり立地が重要です。

 

基本的には、今後も東京、愛知、大阪を中心とする三大都市圏と地方との間で不動産市場は二極化していくものと予想されます。

 

スポンサーリンク

 

日本の人口推移

総務省統計局の資料によれば、2010年頃を境に人口が減少していくそうです。

引用 総務省統計局

 

上の図は、日本の総人口の将来予測を表したものです。

出生高位、出生中位、出生低位というのは、出生を高く見積もったものが出生高位、低く見積もったものが出生低位で、出生中位が基準となります。

少子化の日本では今後も人口の減少が続き、このままだと2053年頃に1億人を割ると予想されています。

 

当たり前ですが、人口は死亡数が出生数を上回れば減少していきます。

中には行方不明者や国籍変更による転出入もいますが、今はまだまだ少数です。

今はまだ死亡数と出生数による人口増減がほとんどです。この死亡数と出生数のバランスで人口は減少しています。

引用 厚生労働省 人口動態統計

 

 

空き家の数は増加

総務省が発表している住宅・土地統計調査によれば、空き家の数は日本全体で約846万戸となっており、地方を中心に空家数は増加傾向にあります。

賃貸用と売却用の住宅が450万戸を超えており、人口減少時代を象徴しています。

 

ちなみに住宅総数に占める空き家率は、過去最高の13.6%だそうです。

 

現在の不動産評価は、土地については価値が減少していくものではありませんが、建物については年々価値が劣化していき、築25年もすれば建物の不動産価値はゼロとなっています。

田中
建物の価値はゼロとなって残るのは土地だけです。

 

インスペクション制度が始まったばかりですが、こういった中古住宅の取引活性化に向けた取り組みは不動産の資産価値維持のためには必要ですから、今後もいろいろな制度が実施されることでしょう。

 

スポンサーリンク

 

神奈川の人口推移

神奈川県は、人気のエリアも多く、比較的空き家率は低いといわれていますが、そういったエリアは横浜や川崎の中でも人気エリアです。

人口減少が続く三浦半島や神奈川県西部だけでなく、横浜市内の区の中でも空き家の問題が問題となっています。

 

下の図は、市町村ごとの人口増減を分布化したものです。

出生数と死亡数から算出した自然増減と、転出者と転入者を比較した社会増減とによる分布ですが、横須賀市は出生数より死亡数が多く、転出者が転入者よりも多く(出ていく人が多い)なっているので大幅に人口が減少しています。

人口減は不動産価格にも影響を与えるのが一般的ですが、過去の取引事例を調べても横須賀市の不動産価格はここ数年は低下続きです。

引用 神奈川県人口統計調査結果報告平成30年1月~12月

 

 

資産価格は、将来への期待から増減するのが一般的ですが、それは不動産も同じです。

将来人口が増えそうな理由がない限り、今後も不動産価格は下落していく可能性が高いです。

また、人口増減と不動産評価は関連するのが一般的です。

下の図は、神奈川県の2025年までの人口予測ですが、予測では川崎と横浜だけが人口が増加しています。

 

日本は、人口が減少するだけでなく、老齢人口は増えています。

郊外の一戸建てを売却したお金で駅前のマンションに住む高齢者が増加しているように、今後は郊外の住宅地といった不便なエリアが空き家となって市場に流れることでしょう。

 

引用 人口部会報告

http://www.pref.kanagawa.jp/docs/r5k/cnt/f300296/documents/22544.pdf

 

不動産の二極化

東京圏、名古屋圏、関西圏を中心とした人が集まるエリアと過疎化が進む郊外とで二極化しているように、不動産の価格も二極化しています。

特に東京では、不動産価格が増加しており、投資目的の不動産取引が活性化しています。

反対に過疎化が進む郊外では、不動産価格は下落傾向にあり、今後も不動産の二極化が進むことが想定されます。

 

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-市場・データ
-

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.