サイクリング

境川サイクリングロード(大和橋から海のちか道)で片瀬海岸の夕陽を見に

更新日:

 

横浜から自転車で「境川サイクリングロード」まで行き、大和橋から江の島までを走ってきました。

 

境川サイクリングロードは、名前のとおり境川沿いを通るサイクリングロードになります。

境川は、横浜の西側を南北に流れる川で、横浜市民には知られた川の一つです。

大和橋と江ノ島とを結ぶサイクリングロードなので、とりあえず今回のスタート地点となる大和橋へ国道16号線を通って向かいました。

東川島町辺りまでは自転車でも走りやすいのですが、そこを越えると片側一車線になるので道路が狭く走りにくいです。

 

鶴ヶ峰の近くでヒヤリとするシーンがありましたが、何とか1時間半くらいかかって大和橋に到着しました。

横浜から大和橋までは、ほとんど国道16号線(八王子街道)を進めばいいだけなので、迷うことは少ないはずです。

大和橋は、国道246号線の途中にあり、橋を渡ると横浜市から大和市になります。

大和橋を渡ってすぐ曲がると境川サイクリングロードの入口です。案内板によれば、藤沢がスタートで大和がゴールみたいですが、海で夕陽を見たい人は藤沢をゴールにするのがおすすめです。

 

 

境川サイクリングロードについて

県道「藤沢・大和自転車道」が通称「境川サイクリングロード」と呼ばれています。

境川サイクリングロードの概要

一般県道藤沢・大和自転車道(境川サイクリングロード)は、太平洋岸自転車道から藤沢市鵠沼海岸で分岐し、引地川及び境川に沿って北上して、主に河川敷を利用しながら大和市下鶴間に至る自転車道です。

 

境川を南北につなぐロードで、北は大和市の「大和橋」、南は藤沢市の「湘南 海のちか道」が起点となります。

藤沢・大和自転車道のルート(画面クリックで拡大されます)

 

サイクリングロードの全長は24.5kmで、途中にはトイレと自販機がある休憩所(今田休憩所)があります。

最大標高差は66mですが、走っていて坂は気になりませんでした。

※令和4年3月まで河川改修工事のため途中の道が通れず、迂回することになります。その時に通った道の坂は短いですが急坂がありました。

 

相鉄線の手前から宮久保橋までの区間と、鷹匠橋からの道は普通の一般道路でしたが、それ以外は歩行者と自転車しか通れない専用道路ですし、坂もほとんどないのでサイクリングを純粋に楽しめると思います。

 

湘南・海のちか道から数分で江の島大橋なので、江の島で観光や食事を満喫するのもおすすめです。

 

大和橋から今田休憩所まで

大和橋から入村橋までは自転車専用道路です。途中に少し狭い道もありますが、自動車を気にせずに走れます。

サイクリングロードというだけあってロードバイクをたくさん見かけました。もちろんママチャリやマラソン、ウォーキングの人もいました。

 

入村橋の手前で河川の改修工事が行われてました。令和4年の3月31日まで迂回することになるようです。

 

入村橋を越えると一般道になります。デコボコな道も多く、道幅が狭いところもあります。周辺は畑が多く長閑です。

 

左は瀬谷区です。私が思っていたより一般道が多かったです。

 

自転車専用道路と一般道路が交互になる箇所もあります。

 

2か所だけ道路の下を歩いて抜けるところもありました。ここは歩行者も結構利用してるみたいなので、自転車を降りて階段を上り下りした方がいいです。

 

サイクリングロードの途中に、遊水池とスポーツが楽しめる「境川遊水地公園」という公園があります。この公園の一角に休憩所があります。

 

遊水池をもう少し進むと今田休憩所(境川遊水地公園ポケットパーク)があります。

ここには飲み物やアイスの自動販売機があり、自転車のスタンドもあります。トイレもあります。男子トイレは通行人から見えますね。

 

この広場にはベンチがあるので、来る途中で買ったお弁当を食べました。

そういえば、休憩所に着いたときに大学の自転車サークル部がいましたが、コロナのせいで今は世界的な自転車ブームみたいです。人気の自転車の中には、何か月も入荷待ちのものがあるそうです。

 

今田休憩所から引地川まで(プラス鎌倉・逗子)

今田休憩所で少し読書した後、再び江の島を目指してペダルをこぎます。

フェンスには自転車のシルエットが入ってます。そして周りは田んぼだらけです。

 

左に横浜薬科大学の塔が見えます。知ってる建物が見えて少しテンションが上がりました。

走っているのは藤沢市ですが、川の向こうは戸塚区です。

 

藤沢市民病院を曲がったら、今度は引地川まで行き、そのまま川沿いを南に進むとゴールです。藤沢市民病院から引地川まで面倒なので、そのまま江の島を目指す人も多いです。

引地川の由来

「明治時代にまとめられた皇国地誌によると「大場嬢が廃城になった後、大庭開こんの際、もとの流域十三村の人々が伊勢山西側の山すそを掘り下げ、鵠沼へと川を流したからだ。」と書かれており、引いてきた川ということでしようか。

藤沢市」

 

サイクリングロードを稲荷橋まで行ったら、信号を渡らずに右折します。

 

すると地下を通って海岸に出れる「海のちか道」が見えてきます。一応、ここがサイクリングロードのもう一方の起点(スタート地点)となります。

 

 

ここからは鎌倉の景色となります。

相変わらず鎌倉方面は渋滞がひどかったです。ちょうど江ノ電が走ってきたので写真を撮らせてもらいました。

 

鎌倉高校前の踏切は相変わらず外国人観光客に人気です。

 

稲村ケ崎から富士山のシルエットが見えました。

天気がいまいちだったのでハッキリと見えませんでした。

 

そして、滑川を抜けて逗子に入り、逗子駅前を通って横浜の実家で休憩してから帰りました。

 

2週間後にもサイクリングロードを走って鎌倉に行きましたが、ちょうど夕日のタイミングでした。

 

 

 

おわりに

境川サイクリングロードは、全長24.5キロとそれほど長くはありませんが、途中で普通の一般道も通るので、信号で停まったり、地下道を通ったりして意外と時間がかかりました。

休憩所でしっかりと休憩すれば、2時間以上かかると思います。

 

 

 

あと、年内に小田原か宮ケ瀬に行くかもしれません。

  • この記事を書いた人

たくあん(ネトゲ)

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。

資産があるのにお金がないとは?

いくらのローンなら返済していける?

年金について知らずに家を購入するのは無謀?

 

不動産だけでなく、ライフプランの相談にも寄り添った対応をしていきます。

ジャンル:雑記、ライフスタイル

宅建士、管業、簿記1級、1級FP、社労士、ローンアドバイザー

-サイクリング
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2022 All Rights Reserved.