名所

鎌倉五山の「浄妙寺」と鎌足稲荷神社

更新日:

鎌倉の「浄妙寺」と「鎌足稲荷神社」に行ってきました。

 

浄妙寺は、鎌倉市浄明寺にある鎌倉五山第五位の寺格をもつ寺院です。

この辺りの浄明寺という地名は、寺の浄妙寺にあやかって付けられましたが、浄妙寺の妙という字が地名だと明に変わります。

浄妙寺の一帯は、緑にか囲まれた閑静な場所ですが、かつては関東の政治の中心地だったといいます。

 

鎌倉の名前の由来となった説はいくつかありますが、そのうちの一つが鎌足稲荷神社です。

浄妙寺の脇の道を上って行った先にひっそりとあるので、浄妙寺と一緒に見学しました。

 

鎌倉五山の第五位「浄妙寺」

「浄妙寺」は、鎌倉市浄明寺にある臨済宗建長寺派の寺院です。

山号を稲荷山といい、鎌倉五山の第五位の寺格をもつ古刹です。

 

浄明寺の境内マップ。本堂の裏にはガーデンテラスや鎌足神社があるので、中は思ったより広いです。

 

浄妙寺(じょうみょうじ)

・宗派 臨済宗建長寺派

・山号 稲荷山(とうかざん)

・建立 文治四年(1188)

・開山 退耕行勇(たいこうぎょうゆう)

・創建 足利義兼(あしかがよしかね)

源頼朝の伊豆挙兵以来の重臣・足利義兼が、退耕行勇を開山として建立しました。

行勇は、源頼朝や政子が帰依した高僧で、関東十刹の一つだった東勝寺の開山です。

足利氏は、源義国の次男義康が足利を称したことに始まる源氏です。足利義兼は、頼朝の重臣の一人でしたが、御門葉(源氏一門)として扱われました。

 

創建が頼朝の重臣だった足利義兼だったので、足利氏とは縁が深く、足利尊氏の父貞氏の帰依を受けていたこともあって、室町時代に最盛期を迎えます。

至徳三年(1386)に足利義満が五山制度を定めた頃には、七堂伽藍が完備され、塔頭二十三院を有していたそうです。

その後、火災などの被害で衰退していき、現在では、総門、本堂、客殿、庫裏等が残っています。

 

滑川を挟んだ反対側には、ミシュランガイドで星を獲得している報国寺があります。

報国寺と一緒に見学するのがおすすめです。

 

浄妙寺総門

浄妙寺の総門

 

初めは極楽寺と称し、密教系の寺院でしたが、蘭渓道隆(らんけいどうりゅう)の弟子の月峯了然(げっぽうりょうねん)が住職になった時に禅寺となりました。

浄妙寺本堂です。

 

本堂の横には、天正年間(1500年代)僧が一同に茶を喫していたという喜泉庵がありました。

平成三年に復元された喜泉庵では、抹茶を飲みながら枯山水の庭を眺めることができます。私が訪れたときは、600円(干菓子)と1,000円(生菓子)から選べました。

 

 

寺の近くに鎌倉公方の屋敷跡の碑があるように、この付近は関東における政治の中心地でもありました。

緑に囲まれて落ち着いた雰囲気の浄妙寺ですが、室町時代は権力闘争の舞台でした。

鎌倉公方は代々幕府とは仲が良くありませんでしたが、持氏のときには完全に将軍に対立するようになります。持氏は、将軍就任に不服を唱え、独立した行動をとりますが、結局、将軍に兵を差し向けられて自殺に追い込まれました。

 

 

緑に囲まれた静かな境内

緑に囲まれたてると暗い印象を受けることもありますが、浄妙寺は参道と庭が広いせいか随分と明るい印象を受けます。

報国寺は観光客で賑やかですが、こちらは観光客も少なく落ち着いた雰囲気があります。

 

裏の墓地に足利貞氏のものと伝わる墓があります。実は関係ないという説もあるようです。

 

この道を進んだ先には、足利尊氏の弟・直義の供養塔があります。

 

直義の最期は、浄妙寺境内にあった延福寺で殺害されたとも、自然死によるものだとも言われています。

 

藤原鎌足ゆかりの鎌足桜です。

 

訪れたときは、牡丹を植えたところでした。

 

本堂裏山の散策路からは、衣張山を一望できます。

 

散策路とそこからの眺めです。

 

スポンサーリンク

 

浄妙寺の所在とアクセス

所在地 神奈川県鎌倉市浄明寺3丁目8−31
交通 JR「鎌倉駅」からバスで「浄明寺」バス停まで、バス停から徒歩3分
開門時間 9:00~16:30

車の場合は、有料駐車場が金沢街道沿いにあります。

 

 

拝観料:100円

 

鎌足稲荷神社

鎌足稲荷神社は、浄妙寺を一旦出て、横の道を進むとあります。浄妙寺の受付の人に行きたいことを告げると教えてくれます。

 

浄妙寺の横の坂道を上がっていくと、鎌足神社の階段が見えてきます。

階段の手前に案内があります。

 

鎌足稲荷神社の由緒

大織冠藤原鎌足公は乳児の時、稲荷大神さまから鎌を授けられ、以来、常にお護りとして身につけ、大神さまのご加護を得られました。大化元年(645)、中大兄皇子(後の天智天皇)らとの協力のもと蘇我入鹿を討って大願を成就された鎌足公は、翌大化2年(646)東国に向かわれ、相模国由井の里に宿泊されました。その夜、「あなたに鎌を授けて守護してきたが、今や入鹿討伐という宿願をなし遂げたから、授けた鎌を我が地に奉納しなさい」との神国があり、お告げのままに鎌を埋納し、祠を営んでお祀りしたのが、当神社の始まりです。鎌倉の地名は、鎌足公が鎌を埋納したことによるとされています。

「お稲荷さま」というキツネをイメージする人もいますが、キツネは稲荷大神のお使いであって、稲荷大神そのものではありません。

 

 

鎌足稲荷神社には、商売繁盛、殖産興業、家内安全、心願成就、厄除け、開運の御利益があるそうなので、きっちりと願掛けしました。

 

おわり

浄妙寺は、鎌倉五山第五位の臨済宗建長寺派の古刹ですが、境内には洋風のレストランもあって人気です。ここで食事するのもおしゃれです。

 

緑が豊かな場所なので、紅葉の時季になったら再び訪れたい場所です。

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産仲介ファイナンシャルプランナーの会社です。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。

資産があるのにお金がないとは?

いくらのローンなら返済していける?

 

不動産だけでなく、ライフプランの相談にも対応しています。

 

-名所
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.