名所 歴史

三浦市にある「油壺湾」の名前の由来は?

更新日:

神奈川県三浦市にある「油壷」は、相模の名門・三浦氏の滅亡の地といわれている。

油壺には、新井城と呼ばれた城がある。

新井城では、伊勢早雲(北条早雲)に攻められた三浦義同・義意父子が立て籠もって抵抗したが、防戦むなしく最期は落城して義同・義意父子は討ち死にした。

落城した際、討ち死にした三浦一族の死体から流れる血で湾が赤く染まり、油のようであったことから油壷の名が付いたという言い伝えがある。

 

油壺の由来

油壺は、都心から近いので、別荘として購入する人も多い。

油壺湾には、ヨットハーバーが整備されていて、たくさんのヨットが係留されている。

 

 

「油壺湾」の案内板

『油壺の名のいわれは、永正十三年(1516年)新井城(今の油壺一帯)を最後の居城として立て篭った三浦一族が北条早雲の大軍を相手に、三年間にわたって奮戦しましたが空しくついに全滅し、一族の将・三浦道寸義同(どうすんよしあつ)をはじめその子荒次郎義意(よしおき)は自刃、他の将兵も討死、または油壺湾へ投身したと伝えられ、そのため湾一面が血汐で染まり、まるで油を流したような状態になったので後世「油壺」といわれるようになりました。

北条五代記には、三浦一族全滅の模様を次のように記しています。

「今も七月十一日には毎年新井の城に雲霧おおいて日の光も定かならず。丑寅の方と未申の方より電かがやき出て両方光入乱れ風猛火を吹き上げ光のなかに異形異類の物有りて干戈をみたし、虚空に兵馬馳け散り乱れ天地をひびかし戦う有様おそろしきと言うばかりなり云々」

三浦市』

 

関東制圧を狙っていた北条早雲が大軍で新井城に攻めてきたため、三浦道寸義同と子の荒次郎義意は城に立て籠もって3年も戦ったが、ついに永正15年(1518年)に城は落城し、道寸父子は自害したそうです。

この時他の将兵も討死、または湾へ投身したと伝えられています。そのため湾一面が血潮で染まり、まるで油を流したようになったので後世「油壺」といわれるようになったそうです。

今日では、油壺湾、小網代湾、諸磯湾はヨットハーバーとして、また、油壺湾は台風等の大しけの時などは天然の入江を利用した漁船の避難場所にもなっています。

 

「新井城址」の案内板

『三浦一族滅亡の地である新井城は、面積約128ヘクタールの自然をそのまま利用した要害でした。

相模湾に突出したこの一帯は、小網代湾と油壺湾にはさまれ、三方が海に面した断崖であり、陸路は、北方約3キロメートルの大手の引橋のみであり、この橋を切って落せばどこからも攻めこまれないようになっていました。

引橋は後に地名になりましたが、ここで伊勢新九郎(北条早雲)勢は、橋を引かれて渡ることが出来ず、三浦勢に時を稼がれています。

現在は、関東大地震による隆起で、往時の面影はうすらいでいますが、当時としては多くの軍勢をもってしても攻めがたく、わずかの手兵で三年間籠城することができました。三浦一族の奮闘もさることながら、城としても、守りにすぐれた構えであったといえます。

室町時代の居館としての新井城の遺構は、本丸を中心にめぐらされている空堀や土塁に往時を偲ぶことができます。

三浦市』

 

油壺へのアクセス

住所 神奈川県三浦市三崎町小網代
電車バス 京浜急行線「三崎口駅」下車、京急油壺マリンパーク行のバスに乗る

交通機関の場合は、三崎口駅からバスに乗る。

 

 

油壺は、はっきり言ってアクセスが悪い。

アクセスが悪いため、海水浴場は他よりも空いていることが多い。

 

車の場合は、三浦縦貫道路の林に出た後は、国道134号線を南下していく、引橋交差点からは県道を南下し、「油壺入口」で右折するのが分かりやすい。

 

油壺周辺には、市営の駐車場がある。

駐車料金は、普通車は510円、バイクは210円だった。

 

駐車場から海水浴場へ

周りには、胴網海岸、横堀海岸があるが、今回は荒井浜海岸に行ってみる。

荒井浜海岸入口付近には「三浦市観光案内版」がある。

 

駐車場から荒井浜海水浴場に向かうときの道。

荒井浜海水浴場は、小さい海水浴場だが、波はそれほど大きくないので子供も安心して遊べる。

小さい海水浴場ながらも海の家がある。

 

海岸に沿って奥に歩いて行くと、途中から岩場になる。

 

石碑には「外海は荒れゐて月の油壺」と刻まれてあった。

 

途中には、「白秋文学コース油壺」の看板もある。

看板には、白秋の詩が書かれてある。

 

白秋文学コース油壺の看板と並んで「かながわの景勝50選 油壺湾」の石碑が立っていた。

三浦市では、油壺湾の他、城ヶ島、盗人狩、剱崎がかながわの景勝50選に選ばれている。

 

油壺湾へ

上からだと油壺湾が良く見えなかった。

木が邪魔で油壺湾が全く見えない。

 

仕方ないので、下に下りる道を探すことにした。

 

下に通じる道を使って油壺湾に下りてみた。

確かに湾の一面が油のようにも見える。

 

湾内には、たくさんのヨットが係留してあった。

他の景勝地と比べると微妙な感は否めなかったが、伊勢新九郎(北条早雲)が相模を統一した歴史的意義のある場所だ。

 

一度外に出てぐるっと大回りした場所から撮った油壺湾とヨット。

 

油壺湾まとめ

・油壺湾は、三浦一族滅亡の場所だった。

・油壺湾の名前には、戦争で負けた三浦一族の血が油のようであったからという言い伝えがある。

・油壺周辺の海岸は穴場的スポットが多い。

・油壺湾の奥には、ヨットハーバーがある。

・油壺湾は、かながわの景勝50選に選ばれている。

 

 

  • この記事を書いた人

おぐに

歴史と旅が好き。休みの日は、ツーリングや観光していることが多い。

神奈川県の観光地を紹介していく予定。

-名所, 歴史
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.