相談対応

資格

ファイナンシャルプランナーの資格を取ってお金に強くなろう

投稿日:2015年4月17日 更新日:

ファイナンシャルプランナー(FP)は、アメリカでは医師、弁護士と並んで社会的な地位が高いといわれています。

といっても、言ってるのは日本のファイナンシャルプランナーだけですが。

 

医師、弁護士、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士など、日本にはたくさんの専門家がおり、これら専門家は資格がなければ名乗ることが許されていません。

ファイナンシャルプランナー(FP)も専門家の一人ですが、実はファイナンシャルプランナー(以下FP)は資格がなくても名乗ることができます。

 

ファイナンシャルプランナーの資格には、FP技能士、CFP、保険認定FPなど、国家資格から民間の怪しげな資格まであります。

1級FP技能士、2級FP技能士、CFPといった資格は名称独占資格なので、それぞれその資格に合格していなければ名乗れませんが、ファイナンシャルプランナー(FP)自体は名乗れます。

これはFPを名乗る人の中には、資格のない人もいるということなので注意が必要です。

そもそもファイナンシャルプランナー(FP)は何をする人?

日本FP協会はファイナンシャルプランナー(FP)について、ホームページでこのように紹介しています。

『結婚する、家を建てる、子供を留学させる、老後は海外で過ごす…など、わたしたちの将来の夢や目標をかなえるためには、まず、実現までの計画をしっかり立てることが大切です。この人生設計が「ライフプラン」です。

そして、わたしたちの夢や目標に対して、総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法が「ファイナンシャル・プランニング」です。

これらの計画を立てるためには、金融、税制、不動産、住宅ローン、生命保険、年金制度などの幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、わたしたちの夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートするパートナー、いわば、「家計のホームドクター®」のような存在がファイナンシャル・プランナー(FP)です。

FPは、以下のような幅広いくらしとお金の相談にのり、総合的に生活設計を行っていきます。』

 

日本FP協会でもFPに関する資格を取り扱っており、AFPとCFPは、試験に合格してFP協会の会員にならないと名乗れないことになっています。

ちなみにアメリカではCFPのみで、AFPは会員数を増やすために日本独自に設けられた資格です。

 

FPに関する資格がいくつもあるため、FP自体の能力にもかなりのバラつきがあるといわれています。

保険相談しかできないFP、住宅ローンや不動産購入に対応できないFP、投資経験のないFPなど、テキストで学んだ知識しか持ち合わせていないFPも多いことから問題視されることもあります。

 

とはいえ資格に合格しているかどうかはFPの能力の目安になります。

基本的な能力のあるFPは、広い知識でマネーに関するすべての相談に乗ることができます。深い知識が必要な場合には、それぞれの専門家につないでくれる人もいます。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格はやっぱり複雑

ファイナンシャルプランナー(FP)の資格は、大きく分けて国家資格と民間資格とがあります。

 

国家資格にあたるのは、FP技能士といわれるもので1級から3級まであります。

FP技能士試験は、金融財政事情研究会と日本FP協会が行っています。

 

民間資格には、日本FP協会が認定しているAFP(アフィリエイテッド ファイナンシャル プランナー)と上級資格のCFP®(サーティファイド ファイナンシャル プランナー®)があります。

どちらもFP業界では知られてますが、ほとんどの人は存在すら知らないと思います。

また、生命保険協会の認定するFP資格というのもあります。

他にも聞いたことがない団体が認定するFP資格やマネー資格もたくさんあります。

 

CFPは、国際CFP®組織FPSBとのライセンス契約の下に日本FP協会が認定しており、約2万人(平成27年2月現在)が日本全国にいます。日本よりもアメリカで有名な資格です。

ところが日本で有名な順に資格を並べると、FP技能士>AFP、CFP>生命保険協会認定FPといった順番になります。

 

難しい順番に並べた場合は、1級FP技能士>CFP>2級FP技能士=AFP>3級FP技能士、生命保険協会認定FPになります。

無名の団体が認定するFP資格やマネー資格の中には、講義を受講するだけで取れる資格もあります。

こちらは資格ビジネスのためにある資格なので、維持費がそれなりにかかります。

 

ファイナンシャルプランナー(FP)は何をしてくれるかが大事

資格については試験に合格しなければ名乗れませんが、ファイナンシャルプランナー自体は誰でも名乗れるので、もしかしたら相談者とたいして知識に差がないFPもいるかもしれません。

FPは試験よりも実務能力の方が重要といわれますが、確かに実務の方が大事です。といっても知識よりも実務の方が大事なのはFPに限ったことではありませんが(資格がないと何もできないものもある)。

 

AFPや2級FP技能士であれば、FPに必要な最低限の知識があるかもしれませんが、それだけでは何とも言えないのも事実です。

1級FP技能士はFP資格の最高といわれていますが、1級FP技能士であっても、ライフプラン相談に乗れないFPもいますし、苦手分野を持つFPもいます。

資格はあくまでも目安なので、最低でもお金の分野であれば、すべての範囲に対して最低知識を持ち、自分なりの意見があるFPに相談する必要があります。

 

FPになってから勉強会に参加するのも効果的です。勉強会ではFPに必要な様々なことが学べます。

FP協会のSGなんかも自分たちでテーマを考えて決めてるので、興味のある分野に特化しているSGに入るというのもおすすめです。

 

FP2級以上であれば、高額療養費や申請免除、所得税や住宅ローンといった役立つ知識を学べるので、もしかしたら、自分でFP資格を取った方がいいかもしれません。

先日、勉強会で一緒になった人は、FP2級を取ったことで副業を始め、人生が拓けたと言ってました。

常に自己投資を怠らない人は、やっぱり強いです。

 

フォーサイトのファイナンシャルプランナー合格講座なら2級FP技能士が学べます

2級FP技能士なら基礎知識が身につくので、自分でライフプランを立てられるようにもなります。

  • この記事を書いた人

たくあん(ネトゲ)

横浜で不動産仲介業ファイナンシャルプランナーをしています。 住宅ローンが老後に与える影響は大きいです。 資産があるのにお金がないとは? いくらのローンなら返済していける? 年金について知らずに家を購入するのは無謀? 不動産だけでなく、ライフプランの相談にも対応してます。 担当ジャンル:雑記、不動産、ライフスタイル 資格:宅建士、管業、簿記1級、1級FP、社労士、1種証券、住宅ローンアドバイザー

-資格
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2024 All Rights Reserved.