名所

横浜の隠れた名所「横浜港シンボルタワー」からの眺めを紹介

更新日:

「横浜港シンボルタワー」という場所を知っていますか?

 

横浜港シンボルタワーは、市街地から離れた本牧ふ頭の先端にあるタワーです。

市街地から離れた場所にあり、駅からも離れているため、普段は訪れる人もそう多くはなく、横浜の穴場的スポットになっています。

 

横浜港シンボルタワーの近くには、海釣り公園があるので、海釣り公園の帰りにシンボルタワーにも寄ってみましたが、展望室からの眺めは大変すばらしかったです。

横浜港シンボルタワーの概要

横浜港シンボルタワーは、横浜港に出入りする船に信号を送る信号所と市民の展望所としての機能を兼ねた施設として、昭和61年7月に建設されました。

タワーの高さは48.19mあり、建築面積は915㎡、床面積は1階から6階までで合計1091㎡です。

展望室からは横浜の海や横浜ベイブリッジを一望できます。

展望ラウンジからも、コンテナ船や外国の客船、オイルタンカー、貨物船といった様々な目的の船が行き来しているのを見ることができます。

横浜港シンボルタワーの施設概要の案内板

開場時間

3月1日~7月20日 7月21日~8月31日 9月1日~10月31日 11月1日~2月末日
9:30~17:30 9:30~20:00 9:30~17:30 9:30~16:00

 

横浜港シンボルタワーは、本牧埠頭D突堤の広大な緑地の中に、昭和61年7月に完成いたしました。タワーの高さは58.5mあり、横浜港に出入りする世界中の客船や貨物船が安全に航行できるよう、階下にある本牧船舶通航信号所より情報や信号を送っています。
シンボルタワーには、港の風景を一望できる展望室や展望ラウンジがあり、港の仕組みや日常の港湾の様子を観察することができます。
また、タワー周辺の緑地公園は、市民の憩いの場として開放されており、年3回開催されている「横浜港シンボルタワー祭り」では、フリーマーケット、コンサート、ダンスショー、お笑いパフォーマンスなどのイベントも行っております。 

公式サイト http://www.y-stower.com

シンボルタワーの立派な外観です。今回は階段を上ってタワーの展望室に行きました。

階段を上った正面には遥かなるもの・横浜「貝」があります。

 

年季の入った案内図。右の絵は敷地内の概要です。

展望室の階段横に置いてあったパンフレットの建物施設の概要です。

 

展望ラウンジからの眺めも十分素晴らしいです。

 

遥かなるもの・横浜「花壇」です。

この花壇は、たて・よこ6メートル、重さ15トンになるもので、平和を願う国際港湾都市横浜を象徴して設置されたそうです。

 

休憩所には、テーブルとイスが設置してありました。自販機もあります。記念品も販売してました。

 

シンボルタワーの展望室からの眺め

展望台は海抜42.4mの高さがあります。展望室の高さは地上36.5mになります。

エレベーターはないので、展望台まで全部階段で登ることになります。

 

展望室からは、天気が良ければ富士山も見えるようです。八景島や観音崎も見えるみたいです。

 

横浜ベイブリッジがよく見えます。ランドマークタワーや港が見える丘公園よりも距離が近いのでよく見えました。

 

乾燥した日だと対岸の建物もハッキリ見えます。

 

観音崎方面です。海の眺めは素晴らしかったです。

 

敷地内の芝生と駐車場の眺めです。横須賀市の建物も見えました。

 

本牧ふ頭は横浜港で最大のコンテナターミナルだそうです。

 

交通アクセス

横浜港シンボルタワーの所在地:神奈川県横浜市中区本牧ふ頭1−16

 

交通アクセス

バス:JR「桜木町駅」から「横浜港シンボルタワー」行のバスで約25分、JR「横浜駅」から「横浜港シンボルタワー」行きのバスで約40分

車:大黒方面から首都高の本牧ふ頭出口から約10分

敷地内には、有料の駐車場と無料の駐輪場もあります。

普通車:3時間未満250円、3時間以上5時間まで350円、5時間以上500円

二輪車:無料

 

駐車場です。左手前はバス停になっています。

敷地内から横浜駅行きのバスも出ていますが、1時間に1本程度しかありませんでした。

 

二輪車置き場は、自転車が一台停まっているだけでした。土日はそこそこ混んでますが平日は空いてます。

 

本牧海釣り施設

シンボルタワーの近くには「海釣り公園」があって、多くの釣り人が訪れています。

6時から営業しています。

釣りは1回大人900円・中学生450円・小学生300円ですが、回数券を購入すると1回あたりの料金が安くなります。

 

海釣り公園にも無料の駐輪場があります。

 

目の前を行き交う船を見ながら釣りが楽しめます。

 

海釣り公園の方がシンボルタワーより混雑してました。

 

まとめ

横浜港シンボルタワーは、アクセスは悪いけど眺めは最高でした。

駐車場は3時間未満250円と安いです。また、無料の駐輪場もあります。

横浜駅、桜木町駅からバスの往復も出てます。

展望室までは階段ですが、わざわざ上るだけの価値はあります。

展望室からは、横浜ベイブリッジ、富士山、三浦半島、房総半島などを一望できます。

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-名所
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.