名所 歴史

鎌倉時代の面影を今も残す「朝夷奈切通」

更新日:

鎌倉には、山などを切り開いて作った切通しがいくつかある。

鎌倉にある切通の中でも、特に有名なものが「鎌倉七口」といわれる七つの切通しである。

鎌倉七口

鎌倉七口とは、三方を山に囲まれた鎌倉に入るための7つの主要な交通路をいう。

・化粧坂

・亀ヶ谷坂

・巨福呂坂

・大仏切通

・極楽寺坂

・名越切通

・朝夷奈切通

 

鎌倉七口のうち、化粧坂、大仏切通、名越切通、朝比奈切通の4つは、現在も当時の面影を残しているといわれている。

 

「化粧坂」は、新田義貞と北条軍との戦場の地になった。

 

「亀ヶ谷坂」は、山の内と扇ガ谷とを結ぶ交通路だった。現在は、舗装された道路に案内板が立っている。

 

「巨福呂坂」の一部は、現在私有地になっているため通行禁止になっている。

 

「大仏切通」は、昔の交通路の面影を残している。

 

「極楽寺坂」は、鎌倉時代後期に開かれたという。

 

「名越切通」沿いには、大切岸ややぐら群がある。

 

朝夷奈切通

朝夷奈切通は、鎌倉七口の一つで横浜市金沢区朝比奈と鎌倉市十二所とをつなぐ交通路だった。

鎌倉時代の六浦は、鎌倉の外港として重要な拠点だった。

また、六浦では製塩が行われており、六浦と鎌倉を結ぶ道は塩の道でもあった。

 

吾妻鏡には、仁知2年(1241)に、執権北条泰時の指揮のもと、工事が行われたとの記述がある。

 

1956年に県道金沢鎌倉線ができるまでは、鎌倉と横浜市を行き来する通路として使われていた。

県道金沢鎌倉線

 

鎌倉時代、金沢の地は北条氏の一族である北条実時が治めていた。

金沢の六浦を北条氏が押さえることは、房総半島の兵を六浦に輸送したり、切通を通って鎌倉に兵を送ることができるため重要だった。

 

六浦では製塩が行われており、六浦と鎌倉を結ぶ道は塩の道ともいわれた。

商人が塩を運ぶ途中、切通の途中にあった地蔵様に塩をお供えして旅の無事を祈ったという。

鎌倉で無事に商売を終え、帰る途中で再び地蔵様に立ち寄ると、行きに供えた塩がなくなっていて、地蔵が舐めたのではないかということから塩嘗地蔵と呼ばれるようになったそうだ。

塩嘗地蔵は、十二所にある光触寺に現在は安置されている。

 

朝比奈側の出入口にあった朝夷奈切通の案内

 

鎌倉幕府は、仁治元年(1240)六浦津との重要交通路として、 路改修を議定、翌年4月から工事にかかりました。執権北条泰時自らが監督し、自分の乗馬に土石を運ばせて工事を急がせたといいます。

当時の六浦は、塩の産地であり、安房・上総・下総等の関東地方をはじめ、海外(唐)からの物資集散の港でした。舟で運ばれた各地の物資は、この切通を越えて鎌倉に入り、六浦港の政治的・経済的価値を倍増しました。

また、鎌倉防衛上必要な防禦施設として、路の左右に平場や切岸の跡とみられるものが残されています。

鎌倉市境の南側には、熊野神社がありますが、 これは鎌倉の艮(鬼門)の守りとして祀られたと伝えられています。

鎌倉七口の中、最も高く険阻な路です。

 

朝夷奈切通を歩いてみた

朝夷奈切通を朝比奈側から入って十二所の出口まで実際に歩いてみた。

 

朝比奈側の入口。朝夷奈切通の石柱がある。

 

朝夷奈切通の道。途中には脇道がいくつかあった。

 

朝夷奈切通は、鎌倉七口の中で最も当時の面影を残しているといわれる。

 

途中には分かれ道があり、曲がると「熊野神社」がある。

 

途中にはやぐらや摩崖仏のようなものがある。

山頂付近にある岩をくりぬいて作ってある仏像

 

朝比奈から15分くらいあるけば十二所側の出入口に出る。

十二所側は、足元がぬかるんでいる。

 

出口手前にある三郎の滝。

朝夷奈切通は、朝夷奈三郎義秀が一夜にして切り開いたという伝説がある。

 

出入口付近にある朝夷奈切通の事績

鎌倉七口の一にして鎌倉より六浦へ通ずる要衝に当り、大切通、小切通の二つあり土俗に朝夷奈三郎義秀一夜の内に切抜たるを以て、其名ありと伝へられるも、吾妻鑑に仁治元年11月、鎌倉六浦間道路開鑿の議定あり。翌二年(1241)4月、経営の事始ありて執権北条泰時、其所に監臨し、諸人群集し、各土石を運びしこと見ゆるに徴し、 此切通は即ち当時に於て開通せしものと思料せらる

鎌倉町青年団

 

朝夷奈切通の出入口。右は十二所果樹園、左は金沢街道に出る。

十二所果樹園

 

「太刀洗水」

梶原景時が、上総広常を謀殺した後、この湧き水で太刀を洗ったという言い伝えがある。

 

金沢鎌倉線に向かっていくと、やがて住宅街に出る。

 

熊野神社

熊野神社は、切通の途中にある分かれ道を進んで行くとある。

かなりアクセスが悪いため、訪れる人が少ない。

切通を進んで行くと、途中に朝比奈町の鎮守・熊野神社の案内板がある。

「古傳に曰く、源頼朝鎌倉に覇府を開くや朝比奈切通の開鑿に際し、守護神熊野三社大明神を勧請せられしと、元禄年中地頭加藤太郎左衛門尉之を再建す。」

鎌倉から横浜方面は、鬼門にあたるとされ、富岡八幡宮や弘明寺にも同様の記述がある。

 

熊野神社へ続く道。途中にはタイワンリスを見かける。

 

さらに進むと、踏み固められたように歩きやすい道が出現する。

 

急に階段が現れる。

 

熊野神社の拝殿

 

階段をさらに上った先に本殿がある。

 

交通アクセス

・所在地 神奈川県横浜市金沢区朝比奈町峠坂1番地

 

・アクセス 京浜急行線「金沢八景駅」からバスに乗車し、「朝比奈」バス停で下車

金沢八景駅から「鎌倉行き」「三信住宅行き」「大船行き」のいずれかのバスに乗る

 

 

朝夷奈切通まとめ

・朝夷奈切通は、鎌楽の外港だった六浦と鎌倉を結ぶ道だった。

・当時の執権北条泰時が指揮をとって工事が行われたといわれている。

・鎌倉と六浦をつなぐ道は塩の道でもあった。

・朝夷奈切通は、鎌倉七口の一つにあたり、古い時代の面影を残している。

・朝夷奈切通には、和田義盛の子・朝夷奈三郎義秀が一夜にして切り開いたという伝説がある。

・途中の岐れ路を進むと熊野神社がある。

 

  • この記事を書いた人

おぐに

歴史と旅が好き。休みの日は、ツーリングや観光していることが多い。

神奈川県の観光地を紹介していく予定。

-名所, 歴史
-, , ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.