名所

ガーデンレックス横浜2019・みなとエリアのチューリップ

更新日:

ガーデンレックス横浜2019のチューリップを見てきました。

 

訪れたのは4月16日、訪れたのは、山下公園、日本大通り、横浜公園といった「みなとエリア」です。

 

私が訪れたときは、ほとんどのチューリップがきれいに咲いてましたが、中には枯れているチューリップもいくつかありました。

ガーデンレックス横浜とは

ガーデンレックス横浜は、花と緑にあふれる「ガーデンシティ横浜」を進めるうえでのリーディングプロジェクト(事業の核となるプロジェクト)だそうです。

ガーデンレックス横浜のプロジェクトでは、花や緑による美しい街並みや公園、自然豊かな里山といった横浜らしい魅力を発信して、多くの人を呼んで活性化につなげるそうです。

ガーデンレックス横浜の開催期間は、3月23日から6月2日までで、サクラ、チューリップ、バラと順次移り変わる花を楽しむことができます。

 

3月下旬から4月上旬まではサクラが見れます。

さくら通りや汽車道、山手などで約300本の桜が彩ります。

山下公園からみなとみらい周辺の桜の名所の散策

山下公園からみなとみらいの桜を散策しに半日かけて歩いてきました。 たまたま休日に山下公園に寄っただけでしたが、入り口付近に周辺の花見スポットが描かれた看板が設置してあったので、看板をもとに周辺の花見ス ...

続きを見る

 

4月上旬から4月中旬まではチューリップが見頃を迎えます。

横浜赤レンガに隣接する「新港中央広場」や、横浜ベイブリッジやみなとみらいを一望できる「山下公園」、14万本という圧巻のチューリップが咲く「横浜公園」、横浜公園から象の鼻パークへ続く「日本大通り」など、合計30万本のチューリップが楽しめます。

 

5月中旬から5月下旬まではバラが見頃を迎えます。

みなとエリアにある「港が見える丘公園」と「山下公園」は、横浜の市の花であるバラの名所になっています。

「山下公園」はデートや観光におすすめの横浜を代表する公園

日本で最初にできた臨海公園といわれているのが横浜市にある「山下公園」である。 山下公園の周辺には、神奈川県の役所や企業の本店が置かれるなど、公園周辺は横浜の中心として栄えている。 また、隣接して「横浜 ...

続きを見る

横浜のデートスポット「港の見える丘公園」からの眺めが美しい

「港の見える丘公園」は、横浜山手の小高い丘にある公園で、展望台からは横浜ベイブリッジを望むことができる。 元は幕末にイギリス軍やフランス軍が駐留した場所であり、フランス山の由来はここに領事館があったこ ...

続きを見る

 

横浜公園のチューリップ

横浜公園には、14万本の色鮮やかなチューリップが植えてあります。

横浜公園と言われてもピンとこない人が多いかもしれませんが、横浜スタジアムがある公園のことです。

横浜スタジアムは、横浜公園の敷地内に建っています。

横浜公園の表示と後ろに見えるのが横浜スタジアムです。

 

横浜公園内のチューリップは、きれいに整然と植えられてました。

市街地の中心で14万本ものチューリップが毎年楽しめるのは珍しいのではないでしょうか。

 

周辺には、横浜市役所や神奈川県庁、裁判所などの施設があり、企業も会社を構えているので、公園でお弁当を食べている人の姿も見かけます。

 

横浜公園のチューリップ

私はあまりチューリップの種類に詳しくありませんが、横浜公園のチューリップには名札が立っていたので少しだけ紹介します。

フォックストロット

 

ラプソディーオブスマイル

 

ホーランドチック

 

アフェール

 

手前がホワイトトライアンフェター、奥はピンクフラッグ

 

手前がデルタストロング、奥がミランダ

 

ホワイトマーベル

 

マッチ

 

レッドプリンセス

 

マリーレーン

 

ランバダ

 

ハッピージェネレーション

 

手前がサーモンファンアイク、奥がダブルローサ

どちらも枯れ始めてました。

 

パープルプリンス

 

プリンツアーミン

 

横浜公園のチューリップは種類も多いので、ここまでで3分の1も紹介できてませんが参考になればと思います。

ニイガタ、アラジン、ダブルタッチ、コロンブス、ピューリシマ、ドンキホーテ、ネグリタ等のチューリップも見れます。

 

 

横浜公園の出入口に設置されています。たぶんパンジーではないでしょうか……。

 

横浜公園の所在地

場所:神奈川県横浜市中区横浜公園

 

日本大通りのチューリップ

日本大通りは、横浜公園から象の鼻パークへと続く約400mの道路の名称です。

日本大通り沿いには、30品種約26,000球のチューリップが植えてあります。

横浜公園から見た「日本大通り」です。

日本大通り沿いには、日本銀行横浜支店や神奈川県庁、横浜地方裁判所などがあります。

 

チューリップが中心の花回廊

 

横浜公園のように整然と並んでるわけではなく、花が混ぜてある花壇です。

 

日本大通りでは、全体を「歴史・文化・まちのイメージ」「人の活力のイメージ」「海・波・自然のイメージ」の3つのゾーンに分けた演出がされているようです。

 

日本大通りの花の回廊は「日本花通り」というそうです。

 

象の鼻パーク寄りの方がチューリップが多く植えてある感じでした。

 

歴史ある日本大通りの花回廊でした。

 

 

山下公園のチューリップ

日本大通りの後は、山下公園のチューリップを見に行きました。

 

山下公園に行く途中で信号待ちしていたら、「日米和親条約締結」の碑がありました。

 

日本大通りから4,5分くらい歩くと山下公園に着きます。

 

山下公園のチューリップは、他と比べると少し狭い範囲です。

 

山下公園のチューリップ花壇は、「球根ミックス花壇」と呼ぶようです。

山下公園のチューリップ花壇は、スイセン、ムスカリなども混ざっているミックス花壇です。

 

横浜の名所だけあって観光客もたくさんいました。

チューリップは、大さん橋側の入口・コンビニの前にあります。

 

山下公園の場所

 

新港中央広場のチューリップ

開港の道・山下臨港線プロムナードを通って赤レンガ倉庫の前を通って「新港中央広場」に行きます。

開港の道・山下臨港線プロムナードからは、キングの塔(県庁)・クイーンの塔(税関)といった歴史建造物や、大さん橋、赤レンガ倉庫、ベイブリッジといった横浜を代表する建物も一望できます。

 

左がキングの塔、右がクイーンの塔です。

 

新港中央広場では、赤レンガ倉庫を背景にしたチューリップが見れます。

新港中央広場から見える赤レンガ倉庫。道路を挟んだ反対側が赤レンガ倉庫です。

 

新港中央広場の花壇は「ナチュラルガーデン」と呼ぶようです。

 

ナチュラルガーデンのチューリップ

 

新港中央広場というだけあって広場もあります。

 

広場からは、ワールドポーターズやランドマークタワーといった建物が見えるので、カップルにもおすすめです。

 

新港中央広場の所在地

神奈川県横浜市中区新港1丁目5

 

おわりに

今回まわった横浜公園、日本大通り、山下公園、新港中央広場は、「日本大通り駅」からスタートすれば徒歩でまわれる距離です。

周辺には、横浜の名所も数多くあります。

みなとエリアのチューリップの見頃は、4月上旬から4月中旬ですが、あと4月下旬までもつのではないかと思いますので、興味のある人はお早めに。

 

今回紹介した中で特におすすめなのは、やっぱり14万本を誇る横浜公園のチューリップです。

 

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-名所
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.