名所

「神武寺と鷹取山」逗子の神武寺から横須賀の鷹取山へ

更新日:

京浜急行逗子線の「神武寺駅」で下車して、神武寺・鷹取山ハイキングコースを通って「神武寺」と「鷹取山」に行ってみようと思う。

逗子にある神武寺は、森林の中を歩いていくと忽然と現れる自然に囲まれた神秘的な寺院である。

横須賀の鷹取山公園内には、大きな摩崖仏と、横浜・三浦半島を見渡せる展望台がある。

京急線「神武寺駅」から神武寺まで

京浜急行逗子線の神武寺駅で下車し、神武寺に向かう。神武寺駅から神武寺は徒歩で30分くらい。

神武寺駅は、駅前にコンビニ一つない小さい駅だ。

神武寺駅を出たら、「逗子中学校」を目指すため六浦方面に向かう

 

六浦(横浜)方面に歩いていくと、「逗子高校」手前に「逗子中学校入口」と「神武寺・鷹取山ハイキングコース」の看板が見えてくる

 

逗子中学校の前を通り抜け、老人ホームも通り過ぎて進んでいくと山道に入る。ここまで神武寺駅から徒歩10分くらい。

 

神武寺までは、こんな感じの山道。聞こえてくるのは鳥の声と自分の足音だけ。

 

神武寺側の道は足元がぬかるんでいる場所があるため、東逗子側の入口からの方が楽かも。

 

 

神武寺の駅から歩いて20分ほどで神武寺駅の惣門(総門)に着く。

 

ここまで林の中をずっと歩くので、急に惣門が出て来て驚く人は多い。

この惣門は、享保十八年(1733)に東逗子駅付近で建立されたものが昭和五十年(1975)に移ってきたそうだ。

 

神武寺の境内

惣門をくぐると少し開けた場所に出る。

 

「神武寺の歴史」 神武寺は「医王山神武寺」という。

『医王山神武寺は、緑豊かな沼間の山稜に位置し、いまも山岳信仰の面影を伝える古刹です。

縁起によれば、その歴史は奈良時代、神亀元年(724)聖武天皇の命を受けた行基が、この地に十一面観音と釈迦・薬師如来を祀ったことに始まります。

鎌倉時代には、源頼朝をはじめ幕府の厚い崇敬を受けたことが知られ、吾妻鏡には北条政子の安産祈願に際して当寺に神馬を奉納したことや、実朝が参詣した記事を見ることができます。

鎌倉幕府の滅亡以後、関東の動乱のさなかでも、多くの人々の信仰や、江戸幕府の寄進を受けて寺勢を保持し、静寂な佇まいを留める天台の聖地です。

逗子市教育委員会』

 

「神武寺(天台宗)」案内板

『全山が凝灰岩から成る山懐に建つ、古くからの山岳信仰の霊場で、「こうのたけ(神之嶽)」が寺名の由来といわれます。

鎌倉幕府の信仰が厚く、吾妻鏡には、建久三年(1192)に、源頼朝が妻政子の安産を祈願して神馬を奉納したとあり、また、三代将軍実朝も、病気平癒のお礼に参詣しています。

豊臣秀吉の小田原北条氏攻めの時には、神武寺も戦火に遭うなど、度々、火災と再建を繰り返しています。

総門は、元は東逗子駅踏切近くにありましたが、第二次大戦中に表参道の登り口に移され、更に、現在地に移されました。

「神武寺の晩鐘」として逗子八景に数えられる鐘も、太平洋戦争で供出を余儀なくされ、現在の鐘は戦後、昭和二十五年(1950)に鋳直されたものです。

……云々』

 

神武寺周辺の森は、「かながわの美林50選」にも選ばれている。

 

宝暦十一年(1761)に建立されたといわれる立派な「楼門」。両隣には仁王像。

 

「神武寺のなんじゃもんじゃ」 なんじゃもんじゃの木が柵で囲んであった。

これが「なんじゃもんじゃの木」だ。

神武の晩鐘

神武寺には、「神武寺の晩鐘」として知られている晩鐘がある。

鐘楼は、安政六年(1859)に再建され、現在の鐘は昭和二十五年のものだそうだ。

 

「逗子八景」の看板  案内板が残っているのは、披露山、浪子不動、神武寺、小坪、桜山だけ。

【神奈川の景勝】「披露山公園」と「大崎公園」の絶景

今回は、「披露山公園」と「大崎公園」の紹介。 披露山公園と大崎公園は、お互いに徒歩でも行ける距離にある。 晴れた日には、どちらの場所でも富士山が見えることから、どちらも景勝地として知られている。富士山 ...

続きを見る

 

「三浦半島八景」の案内板

神武寺の晩鐘は、逗子八景と三浦半島八景のどちらにも選ばれている。

 

薬師堂

境内の奥には、薬師三尊像と十二神将像が祀られている「薬師堂がある。

薬師堂は、文禄三年(1594)に建立されたこの地域で最も古い建物だ。

 

「神武寺・薬師堂」の案内板

『薬師堂は「医王山・神武寺」の名の通り、薬師信仰の中心です。現在は銅葺屋根ですが、昔の茅葺屋根の葺き替え工事の「棟札」には慶長3年(1598年)の年号が残されており、薬師堂は逗子では古くからの建築物の一つです。(神奈川県重要文化財)』

 

案内板には、行基が十一面観音、釈迦如来、薬師如来を祀ったことが薬師堂の起こりと書いてあった。

 

地蔵堂

 

これは何の建物だろうか。

 

神武寺から鷹取山へ

神武寺と鷹取山」は、「かながわの景勝50選」の一つに選ばれている。

かながわの景勝50選の石碑は、神武寺の晩鐘の近くに建っている。

 

神武寺の薬師堂の横の階段から鷹取山を目指すことができる。

神武寺・鷹取山ハイキングコースは、急な斜面も多い。

ハイキングコースの途中には、タイワンリスをよく見る。三浦半島ではタイワンリスが問題化しているそうだ。

 

しばらく歩いていくと、分かれ道があるので、右側の道を行くと少し前が開けた場所に出る。

写真で見ると大したことないが、現地で見ると絶景だった。

神武寺からハイキングコースを通って2,30分ほど歩くと「鷹取山公園」に入る。

 

鷹取山公園の様子

鷹取山公園に着いた時には、16時を過ぎており、あたりが暗くなりかけていた。

明治から昭和初期まで石材が採取されていたため、垂直の岩場が多い。

鷹取山公園の岩場の壁が、ロッククライミングに使われて穴だらけになっていた。

 

鷹取山には、広場のような場所もある。

 

暗くなってきたため、急いで展望台を目指すことに。

 

展望台からの眺め

展望台へは階段を昇って行く。

 

鷹取山公園入口からだとかなりの階段を昇って行くことになる。

 

鷹取山の展望台」ここから富士山が見えることもある。

 

横浜方面は、天気が良ければ八景島だけでなく、みなとみらいが見えることもある。当日は、雨上がりだったせいか視界が悪かった。

 

こちらは、横須賀方面

 

こちらは富士山方面。湿度が低いと富士山が見えることもある。

富士山の左には、江の島が見えている。

 

霧が出ていて幻想的だった。

 

晴れていれば展望台から富士山が見えることもある。

 

こちらは別の日に展望台から撮った写真。展望台からは、摩崖仏が見える。

 

摩崖仏

日が落ちてきたので急いで摩崖仏まで向かったが、思ったより時間がかかってしまった。

鷹取山の摩崖仏」 暗くなってしまったため、撮影できず。かわりに晴れた日に撮影した写真で紹介。

 

鷹取山公園の入り口近くにある仏像の絵。

少し摩崖仏っぽい。

 

アクセス

神武寺と鷹取山公園のそれぞれのアクセスについて。

 

神武寺へのアクセス

住所 神奈川県逗子市沼間2丁目1402

電車 京浜急行逗子線「神武寺駅」から徒歩30分、またはJR横須賀線「東逗子駅」から徒歩25分

 

 

京急線の神武寺駅からの場合は、逗子中学校入口を入って逗子中学校前を通って行く。

神武寺へは、この道を入っていく。

 

JR横須賀線「東逗子駅」からの入口。東逗子駅側の方が寺に早く着く。

 

鷹取山公園へのアクセス

電車 京浜急行線「追浜駅」から湘南たかとり団地循環バスに乗車、「たかとり小学校」バス停で下車して徒歩10分

鷹取山公園は、住宅街の先にある。

公園入口から公園まで歩いて結構ある。

 

電灯がないため、夜になると真っ暗になる。茂みの中からガサゴソ音がしていた。

 

「神武寺と鷹取山」のまとめ

・神武寺にある晩鐘は、逗子八景と三浦半島八景に選ばれている。

・神武寺は森の中にある寺院で、行くのがちょっとしんどい。

・神武寺は、この辺りではかなり古い寺院。

・神武寺・鷹取山ハイキングコースは、高低差が結構ある。

・鷹取山には、摩崖仏がある。

・鷹取山の展望台は絶景穴場スポット

 

  • この記事を書いた人

おぐに

歴史と旅が好き。休みの日は、ツーリングや観光していることが多い。

神奈川県の観光地を紹介していく予定。

-名所
-, ,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.