公園

横浜の「野毛山公園」の魅力!公園の敷地内には動物園がある?

更新日:

横浜市西区にある「野毛山公園」をご存知でしょうか。

野毛山公園へ訪れたことがないよ、というい人も「野毛山動物園」を知っている人は多いと思います。

 

野毛山動物園は、野毛山公園内にある動物園です。

横浜市には動物園が3つありますが、野毛山動物園はその一つになります。野毛山動物園の他には、「横浜ズーラシア」と「金沢動物園」があります。

 

野毛山公園よりも野毛山動物園が有名かもしれませんが、野毛山公園自体もたくさん魅力があります。

今回は、野毛山公園と野毛山動物園の魅力を紹介していこうと思います。

横浜市西区にある野毛山公園

「野毛山公園」は、野毛町から近い野毛山にある公園です。

公園がある場所は高台なので、公園からはみなとみらいの建物を一望することもできます。

公園内には、佐久間象山やパーマーといった横浜と縁のある人物の碑があります。

引用 野毛山動物園のサイトから http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/nogeyama/nogeyamapark.php

 

公園の近くには、横浜中央図書館があるので、勉強や読書の帰りに寄ってみるのもおすすめです。

公園は、桜の名所であり、秋はきれいな紅葉が見れます。

 

個人的には、横浜市にある公園の中で最も利用しやすい公園だと思ってます。

 

中央図書館の前の道を渡ると野毛山公園はすぐそこです。入口には案内マップが設置されてます。

 

横浜は、幕末から大きく歴史が動いた場所です。

野毛山公園には、様々な碑が立っています。

 

野毛山公園は、「散策地区」「野毛山動物園」「展望地区」の3つに分けられますので、地区ごとに紹介していきます。

 

散策地区は石碑がたくさん

野毛町から坂を上ってくると、最初に訪れることになるのが「散策地区」です。

 

散策地区の路の脇には、様々な植物が植えてあります。

 

階段を上ると広場があり、そこには中村汀女の句碑があります。

 

石には、「蕗のたう おもひおもひ 夕汽笛」の句が刻まれてます。

 

途中の路には、ラジオの契約者が百万人を超えた記念に建てられた「ラジオ塔」があります。

 

小さいですが池もあります。池の水面には、蓮のようなものが浮いてました。

 

池の奥には、灯ろうのようなものが設置されていて、日本庭園っぽかったです。

 

秋に訪れると見事な紅葉を拝めます。

 

「佐久間象山の碑」です。

何で松代の佐久間象山が……と思われるかもしれませんが、象山は横浜の開港を唱えた人物です。象山は横浜開港の父とも呼ばれています。

 

公園は桜と紅葉が見れる名所です。是非訪れてみてください。

 

野毛山動物園は横浜に3つある動物園のうちの一つ

野毛山の坂を上りきった先にあるのが「野毛山動物園」です。

野毛山動物園は、横浜市にある3つの動物園のうちの一つです。

野毛山動物園の入口です。まだ開園前なので誰もいません。

 

野毛山動物園の前には、10台程度停められる駐輪場があります。少ししか置けないので、近隣住民向けです。

 

驚きなのは、野毛山動物園の入園料が無料ということです。

ちなみに横浜ズーラシアは大人800円、金沢動物園は500円です。

野毛山動物園は入園料が無料ですが、ライオンやレッサーパンダといった人気の動物が飼育されていて、なかなか見ごたえがあります。

一通り見学すると1時間近くかかるので、無料とはとても思えないほどです。

僅かですが、訪れた際は募金してます。

 

動物園は、40分から1時間でまわることができるので、半日で行って帰ってくることも可能です。

 

横になって寝ているライオン

 

ガラス越しに見るトラは迫力があります。

 

野毛山動物園へは何回も訪れていますが、レッサーパンダはたいてい木の上にいます。木の陰になって分かりにくいこともあります。

 

キリンが結構間近で見ることができます。

 

シマウマの体には、きれいな縞模様が入ってました。本当にシマが入ってるんですね。

 

展望地区は横浜の街を一望できる

展望地区は、野毛山公園で最も高台にあります。

展望地区には、展望台があり、そこからは横浜の街を一望することができます。

また、遊具広場やバスケットコートがあります。

左手には、旧野毛山排水池があります。

 

「ヘンリー・スペンサー・パーマーの銅像」

パーマーは、日本の近代的な水道を整備したイギリス人です。

 

展望地区には、たくさんの桜の木が植えてあります。

 

横浜市の市花であるバラもありました。

 

広々とした広場があります。

 

横浜市の西区には、区の木があるようです。もくせいが西区の木です。

 

展望地区には、展望台があります。

 

横浜ランドマークを望むことができます。

 

展望台からは、どこまでも続く横浜の市街地が望めます。

 

横浜ベイブリッジも見えました。

 

展望台から見たバスケットコートと広場です。

 

野毛山動物園の陸橋の前からは、天気が良ければ富士山が見えます。

 

木が邪魔ですが、展望地区からも富士山が見えます。

 

野毛山公園への交通アクセス

住所 神奈川県横浜市西区老松町

アクセス 京浜急行線「日ノ出町駅」徒歩10分、JR「桜木町駅」から徒歩14分

専用駐車場なし、近隣に有料駐車場有り 

 

 

野毛山公園のまとめ

・野毛山公園には、動物園があります。

・野毛山公園は、桜や紅葉の名所です。

・野毛山公園の園内には、様々な碑があります。

・展望台地区からは、横浜の市街地が一望でき、天気が良ければ富士山が見れます。

 

  • この記事を書いた人

ライフプラン

横浜市にある不動産会社ライフプラン。

1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しており、住宅ローンの相談から老後の生活相談まで対応しています。

URL https://tokyo-lifeplan.com

-公園
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.