公園

「常盤公園」横浜市保土ヶ谷区にある公園

投稿日:

「常盤公園」は、横浜市保土ヶ谷区の常盤台という住宅地にある自然あふれる公園です。

 

横浜国立大学が近隣にあるため、公園を抜けて大学に通う学生さんも見かけます。

公園内からも横浜国立大学の建物を見ることができます。

公園があるのは住宅地ですが、大学が近いからなのか弁当店・飲食店も何軒かあり、試しに利用してみましたが値段も良心的で学生さん向きだと思います。

 

常盤公園は丘陵地にあるので、公園内を歩いてみると高低差が気になりました。この高低差も公園の魅力になっています。

 

常盤公園内には、弓道場やテニスコートがありので、スポーツも楽しむことができます。

犬を散歩したり、ストレッチをしている人も見かけます。

敷地内には有料の駐車場もあるので、車で訪れることができます。

 

常盤公園の概要

横浜市のホームページによれば、常盤公園は、辺り一帯を保有していた岡野欣之助が造成した「常盤園」から始まるようです。

岡野欣之助は、もともと保土ヶ谷の富豪でしたが、所有していた現在の常盤台に常盤園を造り、大正3年の10月に一般公開しました。

 

現在の常盤公園も、テニスコートや弓道場、サッカー場があるなど、保土ヶ谷区内では広い公園です。

しかし、現在の常盤公園は、常盤園の約6分の1の広さにあたるそうなので、当時の常盤園はかなり大きかったことが分かります。

 

常盤園の公開後は、花園や梅林、けやきといった林のほか、養鶏場やミツバチの飼育に加えて、食用ガエルの養殖まで行っていたようです。

 

運動場では、オートバイレースも行われ、全国規模の競技大会が開かれたというから驚きです。

花が見ごろを迎えると、園内に出店が建ち並ぶ盛況ぶりだったそうです。

特に桜が見ごろの時季は、行列ができるほどだったそうです。

そういえば、桜木町近くの掃部山公園も、昔は桜の時季になると出店が出ていたといわれています。いかに桜が日本人を魅了しているかが分かります。

 

参考 横浜市ホームページの常盤公園の紹介

 

今もバス停が“常盤園入口”“常盤園前”となっているのは、その名残といえるでしょう。

現在の「常盤公園」は、常盤園の入口付近の一部(約6分の1)を昭和17年に横浜市が買収して開設したものです。今も緑豊かなこの公園は、保土ケ谷区民のスポーツと憩いの場として親しまれています。

引用元 横浜市ホームページ

 

スポンサーリンク

 

常盤公園へのアクセス

所在地 神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台42
交通 相鉄線「和田町駅」から徒歩15分
営業時間 24時間
常盤公園ホームページ http://midocomi.com/tokiwapark.html

 

常盤公園は、住宅街の中を進んでいくので、途中の道には狭い箇所もあり、少しわかりにくい点もあります。

カーナビやスマホがあれば、ナビを使ってたどり着くことができると思います。

 

Googleマップ

 

有料駐車場は、2時間で300円、以後20分ごとに50円かかります。

駐車スペースは、50台です。

 

常盤公園内の散策

常盤公園を訪れたのは11月の末だったので、公園内の木々が秋らしく色づいてました。

 

常盤公園碑

常盤公園入口にあった碑

 

常盤公園入口

公園北東の入口

 

常盤公園内

公園内の木の葉は秋っぽく色づいてました。

 

常盤公園内

公園内の路

 

 

常盤公園の紅葉

常盤公園の秋

紅葉の木

常盤公園の秋

 

 

運動広場の近く、ほどよく高低差があります。

 

常盤公園の遊具広場

 

畠山重忠慰霊塔

現在は立入禁止になってましたが、公園内には「畠山重忠慰霊塔」がありました。

畠山重忠は、鎌倉幕府創設の立役者の一人でしたが、北条氏にあらぬ疑いをかけられて滅ぼされてしまいました。

 

常盤公園トイレ

常盤公園トイレ

 

 

常盤公園テニスコート

常盤公園のテニスコート

 

 

常盤公園弓道場

常盤公園の弓道場入口

 

常盤公園弓道場

弓道場は、公園の西側にあります。

 

 

常盤公園運動場

常盤公園の運動広場

 

常盤公園内の有料施設・使用可能な期間と使用時間・使用料

常盤公園施設利用料

年末年始(12月29日~1月3日)は有料施設は休み

 

テニスコート

使用料 2時間2,200円
使用期間 1月4日~12月28日
休場日 第3月曜日。第1第5月曜日9時~13時。
使用時間 午前9時~午後5時(5月16日~8月15日は午後7時)

 

 

弓道場

使用料(団体) 日曜・祝日(午前4,200円・午後6,600円)、平日(午前2,700円・午後4,200円)
使用料(個人) 1時間130円
使用期間 1月4日~12月28日
休場日 第2月曜日
使用時間 午前9時~午後5時(5月16日~8月15日は午後6時)

 

 

運動広場

利用目的 サッカー
利用料 2時間2,600円
使用期間 1月4日~12月28日(3月1日~3月第3金曜日まで休場)
休場日 第1、3、5月曜日。第2、4月曜日9時~13時。
使用時間 午前9時~午後5時(5月16日~8月15日は午後7時まで)

 

おわりに

常盤公園は、横浜国立大学が近くにあることもあって、近隣には学生さん向けのアパートが建ち並んでいます。

年始に向けたアパートの新築工事を見かけるのは、学生が多いエリアならではです。

国立大学なので、将来的にも単身者向けのアパートやマンションの需要が見込めるのではないかと思います。

 

相鉄線の「和田町駅」が最寄駅ですが、坂を上がっていることになります。

常盤公園周辺に限らず、横浜は坂が多いのでバイクや電動自転車があると移動に便利です。

  • この記事を書いた人

横浜ライフプラン

株式会社ライフプラン 

横浜市にある不動産ファイナンシャルプランナーの会社です。

社内には、1級ファイナンシャルプランナーと年金の専門家が常駐しています。
そのため、住宅ローン相談から不動産の購入相談までがワンストップで対応可能です。

また、当社では、老後のリスクに向けた不動産投資物件の紹介もしています。

 

住宅ローンが老後に与える影響は深刻です。
資産があるのにお金がないとは?
いくらのローンなら返済していける?

 

メールでのお問い合わせは24時間受付中です。
質問についても「お問い合わせ」から送信してください。

 

-公園
-,

Copyright© 横浜ライフプラン , 2020 All Rights Reserved.